高津区版 掲載号:2015年7月3日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.2 シリーズ 人口増と高齢化が同時進行 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 政策を決める上で一番重要な数値は「人口動態」です。どの年代層の市民がどれだけいるのか。そして、10年後、20年後にどうなるのかによって、その時々の税収や、必要な公的サービス量が概ね決まるからです。

 川崎市では、まだまだ人口は増え続けています。本年4月に147万人を超え、2030年には152万人を突破するとみられており、川崎市の持つ高いポテンシャルがわかります。

 しかし、本市でも子どもの数は来年から減りはじめ、現役世代もほぼ横ばいで推移します。つまり、川崎市の人口増は、お年寄りの数が増えることで実現されているのです。

 「高齢社会」というと暗いイメージで捉えるかもしれませんが、お年寄りが長く生きられる社会ということであり、本来は素晴らしいことだと思います。問題は、その変化にしっかりと対応できる社会システムを構築することであり、そのためにも現状をきちんと知ることが大切です。

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

街道沿い5会場で賑わい

街道沿い5会場で賑わい

2月25日 大山街道フェスタ

2月25日~2月25日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

    高津物語

    2月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三ニ回 「多摩川大洪水の後」

    高津物語

    2月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク