高津区版 掲載号:2015年11月6日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.6 シリーズ 一番若いまち、川崎 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2015年11月6日号

  • LINE
  • hatena

 前回、ほかの大都市と比べ、一番安全なまちが川崎市であることを記しましたが、他都市と比べた本市のもう一つの特徴は、市民が若いということです。2010年に行われた国勢調査の結果によると、本市市民の平均年齢は41・5歳であり、20指定都市と東京都区部を加えた21大都市の中では一番若くなっています。一番平均年齢が高い北九州市は46・1歳ですので、川崎市のほうが実に5歳以上も若いことになります。

 この一番の要因は、川崎市は人口に占める現役世代の割合が高いということです。市の人口の70%が15〜64歳までの生産年齢人口で、この割合は大都市の中で一番大きくなります。他方で、65歳以上のお年寄りの割合は16・8%であり、これは逆に一番低くなっています。

 全国の大都市の中で、市民が一番若いまちということは、本市が持っているポテンシャルの高さを示しています。とはいえ、川崎市でさえも現役世代の割合は着実に減少し続けていることにも注意が必要であり、本市の特長を活かしつつ、長期的な視点にたったまちづくりが求められています。

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「第二波」への備えを徹底的に

数値でみる川崎と高津 No.63 シリーズ

「第二波」への備えを徹底的に

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

8月7日号

台風被災支援の丁寧な対応を

市政報告

台風被災支援の丁寧な対応を

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

7月31日号

若年がん患者への支援について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 52

若年がん患者への支援について

川崎市議会議員 さいとう伸志

7月24日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載229回

「くにこ」の県庁見聞録

コロナと共に

7月17日号

「コロナ禍」で急増する川崎市の財政

数値でみる川崎と高津 No.62 シリーズ

「コロナ禍」で急増する川崎市の財政

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

7月3日号

「避難所の感染拡大防止」に向けて

志高く真摯に市政へ 市政リポート 51

「避難所の感染拡大防止」に向けて

川崎市議会議員 さいとう伸志

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク