高津区版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

高津物語 連載第九三二回 「まちの歴史」

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena

 この町に生まれて八十年になるというのに、まだまだ、この町が判らない。

 不思議な話である。

 不思議の第一歩は、「武陽玉川八景之図」から始った。

 寛政三年(一七九一)に青陵岩精によって描かれた江戸馬喰町二丁目、森屋治兵衛が版元、溝口村丸屋七右衛門が販売元となって、大山街道を行き来する人々のために、販売された。

 この絵図の不思議は、左から「大山」「富士山」「身延山」「高尾山」「三峰山」「御岳山」「日光中善寺」「筑波山」を描いているのに「赤城山」が描かれていない不思議さである。

 真ん中に描かれた「七面山」は、真ん中が割れてなくて、一つの山である。

 現在の様に、真ん中を南武線が通ったり、鹿島田・菅線の道路が通っていない。

 「津田山」と呼ばれている正式名称「七面山」は、青陵岩精が描いた様に、七つの「尾根」から出来上がっていた様だ。

 すなわち【1】「溝口宗隆寺・溝口神社―溝口赤城神社尾根」【2】「久地赤城神社浄元寺」【3】「下作延赤城神社」【4】「上作延延命寺赤城神社」【5】青陵岩精が描いている七面山頂上にあったと思われる「八幡神社」、読み取れない「○○○仙元」(津田山決壊の際に、濁流に押し流された)山々、それと「久本赤城神社」の七つ、すなわち「七面山」となる計算である。私たち高津幼稚園の第一期生(昭和十七年)にはなかった「園歌」が島田堯存園長によって作詞作曲されている。

 「高津幼稚園園歌」

 緑の松の七面山

小鳥も楽しく歌ってる

僕も 私も あの山の

姿のように美しい

明るい子供になりましょう



 あるいは一部間違いがあるかもしれないが、凡そこの様な歌詞だったと思われる。

 今、溝口の町は高層化が激しく、七面山の緑が貴重なものとなり、この緑によって、救われている。

 この間、七面山に沈む赤く染まる夕日のあまりの美しさに、思わず両手を合わせ、合掌してしまった。
 

高津区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

違っているから、おもしろい!

不定期連載コラム

違っているから、おもしろい!

第1回 外国人の「ゴミ出し」について

9月17日号

いきいきスマホサロン

いきいきスマホサロン

(1)タッチ操作

9月10日号

溝ノ口劇場

溝ノ口劇場

平日お昼の人気企画、約一年ぶりに開催します。

9月10日号

GO!GO!!フロンターレ

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook