高津区版 掲載号:2016年3月4日号
  • LINE
  • hatena

数値でみる川崎と高津No.10 シリーズ 極めて人口が密集している川崎市 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 前回、川崎市は20ある政令指定都市の中で、市域面積が一番狭く、人口密度も大阪市に次いで2番目に高いことを見てみました。市域に関する川崎市のもう一つの特徴は、大半が人口集中地域であるということです。

 下のグラフは、市域における人口集中地域の割合を示したものですが、本市では市域の92・2%が人口集中地域となっています。大阪市には及ばないものの、神奈川県下の横浜市や相模原市だけでなく、名古屋市よりも人口集中地域の割合が高くなっています。政令指定都市全体の平均は39・1%ですので、いかに本市が都市化されているかがわかります。

 ちなみに、開発行為や都市設備の整備を行うことができる「市街化区域」を見ると、本市では市域の約88・2%が指定されています。つまり本市では、市街化区域を越えて、市街化調整区域まで人口集中地域が広がっていることを示しています。

 川崎市の人口は、今後もしばらくは増え続けていくと見込まれています。改めて、長期的な視点に立ったまちづくりが必要であると思います。

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    2月22日号

  • 高津物語

    連載第一〇八四回「二カ領用水」

    高津物語

    2月22日号

  • 高津物語

    連載第一〇八三回「慰霊碑について」

    高津物語

    2月15日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク