高津区版 掲載号:2016年4月1日号
  • LINE
  • hatena

数値でみる川崎と高津No.11 シリーズ 川崎市は男性割合が最も高い 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 昨年は、5年に一度の国勢調査が行われた年です。すでに総務省からは調査結果が速報されましたが、それによると大都市の中で一番男性の割合が高いのは、川崎市であることが明らかとなりました。

 下のグラフは、女性100人に対し、男性が何人いるかを示したものです。全国に20ある政令指定都市の中で、男性の方が女性よりも多いのは、本市と相模原市の2市だけです。本市は女性100人に対し、男性は103・1人いますが、これは一番少ない札幌市よりも15人以上多いことを示しています。

 本市で男性が多いのは、市民の平均年齢が若く、生産年齢人口の割合が高いためです。男性よりも女性の方が平均寿命が長いので、お年寄りの割合が高くなるにつれ女性の割合も高くなります。

 ちなみに、2010年に行われた前回調査では、さいたま市と横浜市も男性の方が多い都市でした。このことは、全国的に見ると、大都市でも確実に高齢化が進んでいることを示しています。

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    2月22日号

  • 高津物語

    連載第一〇八四回「二カ領用水」

    高津物語

    2月22日号

  • 高津物語

    連載第一〇八三回「慰霊碑について」

    高津物語

    2月15日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク