高津区版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

元気に「行ってらっしゃい!」 久地で高齢者たちが声かけ

文化

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
ハイタッチを交わす高齢者と児童。毎朝見られる久地の光景だ
ハイタッチを交わす高齢者と児童。毎朝見られる久地の光景だ

 「おはよう!」「行ってらっしゃい。気を付けてね」。高齢者と、久地小学校に登校する児童がハイタッチしながら、元気にあいさつを交わしていく。平日の朝、久地で見られる和やかな風景だ。

 この「声かけ運動」は、久地駅近くの「金子整形外科」の開院を待つ高齢者たちが始めたもの。当初は同院の受付係の子どもが登校する際に声をかけていたが、次第に10人ほどの児童とあいさつを交わすように。児童も毎朝「おはようございます」と笑顔で返している。「今年中学に入った子が、小学1年生だった頃から続けている。雨が降っていても傘を片手にハイタッチしています」と話すのは、高齢者たちのリーダー役・玉腰明さん(77)。

 玉腰さんは週3日ほど同院を訪れ、開院を待つ高齢者のために椅子を用意したり、アメ玉を配ったりしている。児童が来ない間は雑談を交わし合い、一つのコミュニティーが出来上がっている。「みんな顔見知りなので、ここに来るのがいつも楽しみ。子どもたちからは元気をもらえるし、口だけは若いからおしゃべりも楽しい」と、80歳代の女性も笑顔だ。

 「こっちから声をかければ、子どもたちも『行ってきます』と返事をしてくれる。知らん顔をするより、声をかけることが子どもたちの安心につながるし、お年寄りも元気になれる」と玉腰さんは朗らかに話す。

 夏休み明けには再び、高齢者と児童の元気な声が、久地の街を明るくする。

リーダー役の玉腰明さん
リーダー役の玉腰明さん

高津区版のローカルニュース最新6

衣装でイベント下支え

川崎フロンターレ応援特集

衣装でイベント下支え スポーツ

クラブ公認ボランティア

9月24日号

原点は「その先の笑顔」

川崎フロンターレ応援特集

原点は「その先の笑顔」 スポーツ

クラブスタッフ 若松慧さん

9月24日号

3カ月、全館休館

川崎市民プラザ

3カ月、全館休館 社会

老朽化のため大規模工事

9月24日号

「結果で川崎に恩返しを」

川崎フロンターレ応援特集

「結果で川崎に恩返しを」 スポーツ

DF 山根視来選手

9月24日号

終盤戦イベント目白押し

川崎フロンターレ応援特集

終盤戦イベント目白押し スポーツ

川崎にまつわる企画も

9月24日号

「9月大会」はプロ仕様で

ムサシボウル「新トーナメント」

「9月大会」はプロ仕様で スポーツ

激戦2日間に25人が参加

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook