高津区版 掲載号:2016年9月2日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.16 シリーズ 政策課題は地域ごとに異なる 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 川崎市は、人口規模が都道府県と同等の大都市であるだけでなく、地形的にも地域差が大きいという特徴を持っています。

 たとえば、近年、特に影響が大きくなっているゲリラ豪雨や土砂災害対策ということでは、傾斜が急で高低差が大きい崖の崩壊を防止することは、市民の生命と財産を守るうえでも重要な政策課題です。

 下記のグラフは、急傾斜地崩壊危険区域の数を行政区別に示したものです。急傾斜地崩壊危険区域とは、高低差が大きい急傾斜地のうち崖崩れによって5戸以上の住居が被害を受ける可能性のある区域で、神奈川県が指定をしています。これを見ると、川崎市における急傾斜地崩壊危険区域の約半分は、高津区の中に集中していることがわかります。つまり、高津区民にとっては、ゲリラ豪雨や土砂災害対策の重要性が、他区区民よりも一段と高いといえます。

 限られた税金を必要なところに使うためにも、こうした地域差に、どれだけきめ細やかに対応できているのかが、問われています。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バート・バカラックの世界

読者プレゼント

バート・バカラックの世界

サマージャズコンサート

7月28日~7月28日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連第一〇五三回「賑わった大山街道溝口」

    高津物語

    7月13日号

  • 高津物語

    連第一〇五二回「1910年代の時代状況」

    高津物語

    7月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク