高津区版 掲載号:2016年10月7日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.17 シリーズ 川崎は産業のまち?住宅のまち? 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2016年10月7日号

  • LINE
  • hatena

 前々回、居住区域外に通勤・通学している市民のうち、8割以上は市外に向かっていると書きました。川崎市民は、意外と他の行政区に行く機会が少ないせいか、自分の住んでいる地域が「川崎市」のイメージとなりがちです。しかし、実際には、行政区ごとの違いは、決して小さくありません。

 下のグラフは、居住区民数に対し事業所の従事者数を比べたものです。高津区では、人口22万人に対し、6万9千人の事業所従事者がいます。これに対し、川崎区では、人口は高津区よりも少ないものの、従事者数は16万5千人にのぼります。

 当然ながら、必要とされる都市インフラや行政サービスも、住宅が多い地域なのか、それとも事業所や従業者が多い地域なのかによって、違ってきます。

 その地域が、どんな使われ方をしているかで、まちの雰囲気も変わります。私の住んでいる高津区民にとっては、都内の世田谷区や、横浜市の都筑区などの方が、同じ川崎市の川崎区よりも身近に感じるのではないでしょうか。

 地域ごとの違いを重視した市政運営が、より重要になってきています。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

犯罪は増えている?

数値でみる川崎と高津 No.86 シリーズ

犯罪は増えている?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月6日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載236回

「くにこ」の県庁見聞録

女性支援新法

4月15日号

ブースター接種は必要?

数値でみる川崎と高津 No.85 シリーズ

ブースター接種は必要?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月1日号

「市内の木材利用促進」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 67

「市内の木材利用促進」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

3月25日号

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

数値でみる川崎と高津 No.84 シリーズ

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月25日号

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

市政報告

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

公明党川崎市議会議員団 平山こうじ

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 犯罪は増えている?

    数値でみる川崎と高津 No.86 シリーズ

    犯罪は増えている?

    みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

    5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook