高津区版 掲載号:2017年2月3日号
  • LINE
  • hatena

数値でみる川崎と高津No.21 シリーズ 行政区ごとに異なる年齢構成 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 前々回、前回は、川崎市では人口増が続いているものの、現役世代である生産年齢人口は減り始めていること、本市を含めた3つの指定都市の人口合計は、神奈川県民の2/3を占めており、高津区民の数は旧特例市の厚木市を超える規模になっていることを見てきました。

 国勢調査の結果のもう一つのポイントは、川崎市の7つの行政区を比べても、年齢構成に大きな違いがあるということです。川崎市全体では、14歳までの年少人口の占める割合は12・8%、15歳から64歳までの生産年齢人口は67・7%、65歳以上の老年人口は19・5%であるのに対し、高津区では、年少人口13・3%、生産年齢人口69・3%、老年人口17・4%でした。つまり、高津区民の年齢構成割合は、年少人口では川崎市全体の1・04倍、生産年齢人口は1・02倍であるのに対し、老年人口は0・89倍に留まります。同様に7つの行政区を比べたものが、下記のグラフですが、これを見ると同じ川崎市の中でも、区ごとに年齢構成は大きく異なっていることがわかります。このことは、たとえば「子育て支援策の充実」という政策は、高津区民にとっては緊急性が高いのに対し、多摩区民にとってはそれほどでもない、という違いにつながるかもしれません。大切なのは、地域の特性にどれだけ目配りができるのか、ということだと私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇八五回「最終の弁」

    高津物語

    3月1日号

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    2月22日号

  • 高津物語

    連載第一〇八四回「二カ領用水」

    高津物語

    2月22日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月1日号

お問い合わせ

外部リンク