高津区版 掲載号:2017年4月7日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.23 シリーズ 身近なインフラの差が区別投資額の違いに 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2017年4月7日号

  • LINE
  • hatena

 前回は、川崎市における投資的事業の額は、7つの行政区の間で大きな差があり、ここ10年の累積額では3千億円以上の差となっていることを書きました。

 今回はその内容を、もう少し詳しく見てみたいと思います。

 下記のグラフは、2017年度までの3年間で、500億円以上投資している施策分野の区別投資額を比較したものです。これを見ると、まず、下水処理施設や雨水貯留管、浄水・配水施設、港湾施設のある行政区での投資額が多いことがわかります。また、道路や橋梁、公園等の整備、駅前再開発や自由通路の整備額についても、区ごとにみると決して小さくない差があります。つまり、大規模な施設や身近なインフラが整備されている行政区では、その設備機能の高度化や維持のために、より多くの投資額が必要であることを示しています。

 「大規模な施設があるから、多くの投資額が必要」という現状は理解できますが、逆に「大規模な施設がないのだから、格差を埋めるためにも、より多くの投資をすべき」という見方もできます。とくに川崎市の特徴を考えれば、長期的には、地域ごとの投資額をできるだけ均衡化していかなければならないと、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

数値でみる川崎と高津 No.64 シリーズ

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月4日号

「防災無線聞こえない」 迅速な対応を

市政広告

「防災無線聞こえない」 迅速な対応を

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

8月28日号

医療、保健所体制 早急に強化を

市政報告

医療、保健所体制 早急に強化を

日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

8月28日号

「第二波」への備えを徹底的に

数値でみる川崎と高津 No.63 シリーズ

「第二波」への備えを徹底的に

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

8月7日号

台風被災支援の丁寧な対応を

市政報告

台風被災支援の丁寧な対応を

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

7月31日号

若年がん患者への支援について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 52

若年がん患者への支援について

川崎市議会議員 さいとう伸志

7月24日号

令和2年国勢調査を実施します!

日本に住んでいるすべての人が対象です。インターネットでの回答が便利です。

https://www.kokusei2020.go.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク