高津区版 掲載号:2018年6月1日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.37 シリーズ 問われる保育施策 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2018年6月1日号

  • LINE
  • hatena

 先日発表された、川崎市の保育所待機児童数は、本年4月1日時点で18名でした。下記のグラフは、0歳から5歳までの就学前児童数と、認可保育所への入所申請率の推移を示したものです。

 川崎市でも就学前児童数は減り始めていますが、入所申請者の割合が急増しているため、結果的に認可保育所への入所申請者数は毎年2000名程度増えてきています。

 いまや、認可保育所に入所を希望する子どもの割合は、同世代の子どもの4割にも達しています。公平性の観点からみても、「保育に欠ける児童」「保育の必要な児童」に対する選別的な福祉という位置づけでは、すでに課題が生じているように思います。

 川崎市だけの努力でできることには限界がありますが、すべての子どもを対象にした包括的かつ普遍的な子育て支援策への転換が求められています。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載231回

「くにこ」の県庁見聞録

緊急避妊薬【2】

11月27日号

国と地方の役割分担の見直しを

自主的かつ安定的な大都市財政運営のために 市政報告

国と地方の役割分担の見直しを

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

11月20日号

高止まりしている「新型コロナウイルス」

数値でみる川崎と高津 No.66 シリーズ

高止まりしている「新型コロナウイルス」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

11月6日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載230回

「くにこ」の県庁見聞録

緊急避妊薬【1】

11月6日号

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

志高く真摯に市政へ 市政リポート 54

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月23日号

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

市政報告

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク