高津区版 掲載号:2019年1月4日号 エリアトップへ

連載第一〇七七回「溝口駅前の変化」 高津物語

掲載号:2019年1月4日号

  • LINE
  • hatena

 溝口駅前は、再開発して変わった。戦前と変らないのは、駅前交番の場所だ。

 「交番」だけ昔のまま。「交番」の手前に図書館、向こう側に「ヤストモ・マーケット」があった。「ヤストモ」とは靖国神社友の会の略称である。

 肉屋の恒川さん、文具の石原さん、八百屋の八百長さん、時計の杉崎さん、書籍の島崎文教堂、洋品の黒川さん、写真機の持田さん等、皆さん地元の人達であった。

 皆さん、靖国神社旧奉賛会の熱心な信奉者であった様である。靖国神社奉賛会員だからといって「ヤストモ・マーケット」が特別な活動をしていた訳ではない。

 島崎文教堂がヤストモに入ったのも理由が分からないが、場所が良かったからだと思っている。

 ヤストモ・マーケットとJR武蔵溝ノ口駅との間に道があったが、皆ヤストモの中を通っていた。

 文具の石原さんは、その後溝口駅前に出て、最後は「旧溝口郵便局」のあった中央通りの一等地に移ることができた。

 「多摩川ハイヤー」の待合所があった。この待合所が現在の「マルイ」入口に当り、丸井の入り口から「旧高津保健所」前に出て、久本方面に出た。

 「高津保健所」のあった跡地は、現在はイトーヨーカドーの駐車場となっている。

 パークシティも、戦争時は「日本光学川崎工場」第三、第四工場だった場所である。

 これだけ発展した溝口駅前に、何故あの様な空地があるのか、戦前を知る者として、極めて不思議なことと思っている。

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第4話 その1 宮田  義彰さん

8月23日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その4 青山 昭久さん

8月16日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その3 青山 昭久さん

8月9日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その2 青山 昭久さん

8月2日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第3話 その1 青山 昭久さん

7月26日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

7月26日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その4 加藤 孝市さん

7月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク