高津区版 掲載号:2019年2月1日号
  • LINE
  • hatena

数値でみる川崎と高津No.45 シリーズ 平成時代〜国債は急増、「川崎市債は?」 みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

 平成の30年間がいよいよ幕を閉じようとしていますが、国の財政という視点でみると「急速に悪化した30年間」であったといえます。下記のグラフは、我が国の国債残高の推移を示したものです。平成が始まる頃はおおむね150兆円程度であったものの、昨年度末には830兆円へと、実に680兆円もふくれあがっています。国民一人当たりでみれば、120万円から650万円へと毎年20万円のペースで国債残高が増えてきた計算になります。

 これに対し、川崎市の実質的な市債残高をみると、昨年度末で約8千3百億円、市民一人当たりでは約55万円で、10年前と比べても10万円以上も減っています。国債と市債を単純に比較することはできませんが、これだけ大きな格差が生じている背景には、市町村の行政は身近であり、主権者・納税者のチェックがしやすいことがあります。

 ここにも地方分権を進めていくべき大きな理由があると、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク