高津区版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.45 シリーズ 平成時代〜国債は急増、「川崎市債は?」 みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena

 平成の30年間がいよいよ幕を閉じようとしていますが、国の財政という視点でみると「急速に悪化した30年間」であったといえます。下記のグラフは、我が国の国債残高の推移を示したものです。平成が始まる頃はおおむね150兆円程度であったものの、昨年度末には830兆円へと、実に680兆円もふくれあがっています。国民一人当たりでみれば、120万円から650万円へと毎年20万円のペースで国債残高が増えてきた計算になります。

 これに対し、川崎市の実質的な市債残高をみると、昨年度末で約8千3百億円、市民一人当たりでは約55万円で、10年前と比べても10万円以上も減っています。国債と市債を単純に比較することはできませんが、これだけ大きな格差が生じている背景には、市町村の行政は身近であり、主権者・納税者のチェックがしやすいことがあります。

 ここにも地方分権を進めていくべき大きな理由があると、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

犯罪は増えている?

数値でみる川崎と高津 No.86 シリーズ

犯罪は増えている?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月6日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載236回

「くにこ」の県庁見聞録

女性支援新法

4月15日号

ブースター接種は必要?

数値でみる川崎と高津 No.85 シリーズ

ブースター接種は必要?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月1日号

「市内の木材利用促進」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 67

「市内の木材利用促進」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

3月25日号

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

数値でみる川崎と高津 No.84 シリーズ

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月25日号

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

市政報告

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

公明党川崎市議会議員団 平山こうじ

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook