高津区版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.56 シリーズ 深刻化している「空き家」問題 みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena

 比較的地価の高い本市においても「空き家」が大きな問題になりつつあります。

 川崎市では、住宅全体の約1割が空き家ですが、その大半は賃貸用や売却用の住宅であり、それらは業者等によって適切な管理がされています。賃貸や売却を予定していない空き家は、本市全体で約3千6百戸あり、そのうちの約3割、約1千戸に腐朽・破損がみられます。

 下記のグラフは腐朽・破損のある戸建「空き家」の区別戸数で、高津区内にも約80戸の腐朽・破損「空き家」が存在しています。

 適切な管理がされず、空き家が廃屋化してしまう要因は様々ですが、少子高齢化などの社会環境の変化により、今後はさらに深刻になっていくものと思われます。

 いうまでもなく、家屋を適切に管理することは所有者の責務です。しかし、地域の生活環境が悪化する前に、行政としての関わり方も抜本的に強化しなければならないと私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍で加速?「少子化傾向」

数値でみる川崎と高津 No.80 シリーズ

コロナ禍で加速?「少子化傾向」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

12月3日号

スマホで目を悪くしている子どもが多い!?

3歳児健診の視覚検査、市内眼科健診の充実に向けて 市政報告

スマホで目を悪くしている子どもが多い!?

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

11月12日号

ワクチン接種の効果は?

数値でみる川崎と高津 No.79 シリーズ

ワクチン接種の効果は?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

11月5日号

「かわさきSDGsパートナー」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 63

「かわさきSDGsパートナー」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月22日号

経験と知識、総動員で

インタビュー

経験と知識、総動員で

経済財政・再生担当大臣 やまぎわ大志郎

10月15日号

「変えよう。」

意見広告

「変えよう。」

立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook