神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2021年4月23日 エリアトップへ

溝ノ口劇場 TOPIX No.16 あえて「コロナ禍」テーマに2度目の自主公演を行いました!

公開:2021年4月23日

  • X
  • LINE
  • hatena

 「日本一のマルチエンターテインメントスペース」を目指しライブやミュージカルから忘年会、謝恩会と様々なイベントを手掛けてきた同所が、オープン2周年という節目を華々しく祝うべく初の自主公演を行ってから、約1年。この間、コロナ禍の影響を猛烈に受け、劇場を取り巻く環境も激変。それでも「(コロナ禍)はエンターテインメントの意味を再度考える事ができたし、改めて向き合うことも良かった」と前向きに捉えるオーナーの重岡俊行さんが主体となり、あえてこの時期に2度目の自主公演を行いました。

 昨年手掛けた初回自主公演に出演した演者を多数招き、オリジナルの演目で企画されたこのステージ。

 コロナ禍を題材に据え、時に演者と想いを共感し、時に強いメッセージを受けられる内容は、多くの観客の心をガッチリとつかんだ様子。

 また今公演のチケットは姉妹店「溝ノ口カレー」のカレーチケットとセットの価格で販売され、公演前の時間などには1階店舗前のテラスで密を避け、食後のひと時を過ごす姿が多数見受けられるなど、この1年で進化した観劇スタイルをも体現。全9公演の無事完走を見守った重岡オーナーは「この作品を、今このタイミングで開催した意義はあったと思います」と満足気。コロナ禍に見舞われる前との比較については「公演後、お客様やメンバーと馴染みの店に飲みに行けない事、ですかね」と話す一方、「僕らは絶対に生き残ります!」と、力強く宣言していました。
 

コロナ禍をテーマに据えたステージが観客を魅了した
コロナ禍をテーマに据えたステージが観客を魅了した

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

高津区版のコラム最新6

市民健康の森だより

不定期連載

市民健康の森だより

第142回 「刈払い機」の安全操作講習会を行いました

6月21日

GO!GO!!フロンターレ

市民健康の森だより

不定期連載

市民健康の森だより

第141回 今年も無事に「ホタル観賞会」行いました

6月14日

市民健康の森だより

不定期連載

市民健康の森だより

第140回 歴史ある活動「竹炭焼き」について

6月7日

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook