高津区版 掲載号:2021年6月4日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津 No.74 シリーズ 2030年に160万人を突破? みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2021年6月4日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市から、4年ぶりとなる将来人口推計が発表されました。それによると人口増はこれからもしばらく続き、現在の154万人が、2030年には160万人を超える見込みとなっています。

 しかし、その内訳を見ると、今、人口の2/3を占める生産年齢人口は、40年後には6割弱まで減る一方で、高齢者の占める割合は2割から3割強に増えるなど、人口増と高齢化が同時に進んでいくことも示されています。

 高齢化が進む要因の一つは、医療・健康技術の急速な発展であり、それ自体はむしろ喜ばしいことであると思います。大切なのは、人口構造の変化に社会をしっかり対応させ、すべての市民が安心して、誇りをもって生き続けられる川崎市を実現することです。そのためにも、現状と課題を見据え、丁寧に取り組んでいかなければならないと、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

下がり続ける実質所得「貧しくなっている?」市民生活

数値でみる川崎と高津 No.88 シリーズ

下がり続ける実質所得「貧しくなっている?」市民生活

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

7月1日号

「脱炭素先行地域」川崎市の展望について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 69

「脱炭素先行地域」川崎市の展望について

川崎市議会議員 さいとう伸志

6月24日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

8人に1人が感染?

数値でみる川崎と高津 No.87 シリーズ

8人に1人が感染?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月3日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載237回

「くにこ」の県庁見聞録

県議会定数

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook