神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2021年12月24日 エリアトップへ

「たまずんのうた」歌って 歌手・桜井さんら制作

文化

公開:2021年12月24日

  • X
  • LINE
  • hatena
桜井さん(左から3人目)と武井さん(右から3人目)=7日
桜井さん(左から3人目)と武井さん(右から3人目)=7日

 ♪ゆら ゆら ゆら ゆら およいでる たまがわのなまず たまずん たまずん――。二ヶ領せせらぎ館(多摩区)のユーチューブチャンネルに先月投稿された楽曲「たまずんのうた」。昨年6月に宇奈根で釣れた黄金ナマズ「たまずん」に親しんでもらおうと、NPO法人多摩川エコミュージアムが区内在住のソプラノ歌手・桜井純恵さんに曲作りを依頼して実現したものだ。

 川崎の歌姫として知られ、せせらぎ館のリトミック教室「なかよしランド」で講師を務める桜井さん。昨年6月から同館でたまずんが展示され、成長を見聞きしてきた。今年10月に曲作りを快諾し、作詞・作曲はマネジャーの武井慎一郎さんが担当。桜井さんが編曲し、自身が指導する児童合唱団の子どもたちの声も重ねた。

 今月7日にはなかよしランド内で披露。参加した親子も歌や踊りを楽しんだ。「おひげーのながい」「つぶらなおめめ」など特徴をとらえた歌詞が並ぶ。「擬音を使いかわいらしく。見たままのたまずんをわかりやすく伝えたかった」と武井さん。桜井さんは「子どもたちには自然の中で感性を磨いてほしい。歌があれば将来も多摩川のことを思い出してくれるはず」と語った。同法人の升田修二さんは「非常に楽しい歌。子どもたちに広めていきたい」と思いを話す。

現在多摩区役所で展示中のたまずん
現在多摩区役所で展示中のたまずん

高津区版のローカルニュース最新6

諏訪エリアの恒例行事、今年も

【Web限定記事】

諏訪エリアの恒例行事、今年も

5月6日「ふれあいフェスティバル」

5月17日

2年ぶり「ソプラノリサイタル」

「川崎の歌姫」桜井純恵さん

2年ぶり「ソプラノリサイタル」

5月26日 すくらむ21ホール

5月17日

「サークル祭」まもなく

高津市民館

「サークル祭」まもなく

6月8日・9日 区内団体、活動成果を披露 

5月17日

「まち、一緒に盛り上げて」

まちの企画室第4期プロジェクト

「まち、一緒に盛り上げて」

座談会やメンバー募集も

5月17日

「川崎の名で初代王者へ」

NECレッドロケッツ

「川崎の名で初代王者へ」

市長に来季抱負語る

5月17日

川崎の業者が「助っ人」

 都会の遺体安置場所不足 多死社会

川崎の業者が「助っ人」

5月16日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook