高津区版 掲載号:2022年2月4日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津 No.82 シリーズ 「オミクロンは怖くない」って本当? みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2022年2月4日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市でも「オミクロン株」とみられる感染が急拡大しています。すでに1月末の1週間だけで約1万3千人が新規感染しており、これは第5波のピーク時と比べると、3倍以上になります。

 他方で「オミクロン株は重篤化しにくい」との報道もあります。下記のグラフは、本市における入院患者数と重症患者数の推移を示したものです。1月30日時点の入院患者数は216人ですが、人工呼吸器やECMOが必要な重症患者数は4人に留まります。ちなみに、前回、第5波ピーク時は、入院患者数286人、重症患者数68人にのぼりました。確かに今回の第6波では、重症患者数が増えにくい傾向を示しています。

 しかし注意が必要なのは、最近は重篤化リスクの高い方々にも急速に感染が拡がっている点です。すでに新規感染者の約2割が50歳以上で、うち半分は60歳以上の方々となっています。今のペースで感染拡大が続けば、重症患者数も急増する危険性があります。

 コロナ禍の下での生活も3年目を迎えます。今一度、私たち一人ひとりが感染症対策の基本を徹底しなければならないと、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「脱炭素先行地域」川崎市の展望について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 69

「脱炭素先行地域」川崎市の展望について

川崎市議会議員 さいとう伸志

6月24日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

8人に1人が感染?

数値でみる川崎と高津 No.87 シリーズ

8人に1人が感染?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月3日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載237回

「くにこ」の県庁見聞録

県議会定数

6月3日号

環境委員会へ所属・行政視察を実施

志高く真摯に市政へ 市政リポート 68

環境委員会へ所属・行政視察を実施

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月27日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook