神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2022年11月11日 エリアトップへ

不定期連載コラム 違っているから、おもしろい!  第15回 溝ノ口劇場で「しらゆきひめ」を熱演 

公開:2022年11月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
知的障がいのある若者たちが熱演した「しらゆきひめ」の様子
知的障がいのある若者たちが熱演した「しらゆきひめ」の様子

 今月11月3日は、文化の日でしたね。文化とひと口に言ってもさまざまなジャンルがありますが、そろそろ、実際に舞台やアートなどをお楽しみいただけるようになったのではないでしょうか?

 多文化な視点から、多様な価値観に基づいた活動をしている多文化読み聞かせ隊は、知的障がいのある若者たち「つながり隊」と一緒に何年もお芝居に取り組み続けています。先日の文化の日に、初めて本格的な照明や音響を使った舞台、溝ノ口劇場で「しらゆきひめ」の幕が上がりました。出演者は、個性豊かなメンバー11名と彼らを支える市民です。1回の定員50名がという小規模ではありましたが、2回公演が両方ともほぼ満席、客席からも熱気が伝わりました。セリフがスムーズに言えなかったり、動きを間違えてしまったり、普通に考えれば「完璧な」お芝居ではなかったかもしれません。でもアンケートや終演後のお客様の声からは、そんなことを上回るような素晴らしかった!という感想が聞かれました。涙を流す方もいらして、彼らの純粋な演技は、観客の皆さんの心を打ったようです。

芝居を通じて感じた「違うことの面白さ」

 「違うこと」ってなんだろう。彼らとお芝居をするようになって、障がいについて考えることが多くなりました。会話がうまくできないのは、小さな子どもなら当たり前、高齢者になって認知症などになれば、もっと話が通じなくなる。人の見た目はさまざまで、肌の色の違いや背の高さや体型が違うどころか、手足の不自由な人、車椅子は健康な人も歳をとって歩けなくなれば頼るべきものでしょう。「違うこと」は、「おもしろい」んだということは、一見簡単そうですが、実際にはどうなんだろう。考えや意見が違うこともあるでしょうし、何かひとつ行動を起こすにしても、やり方や順番が違うこともある。人間は、それぞれみんな違うんだ、そんないろんな人がいるから、世の中はおもしろい、楽しい。たまにぶつかることもあるかもしれないけれど、一歩下がって、俯瞰して見てみると面白さが発見できるのかもしれません。

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

高津区版のコラム最新6

市民健康の森だより

不定期連載

市民健康の森だより

第142回 「刈払い機」の安全操作講習会を行いました

6月21日

GO!GO!!フロンターレ

市民健康の森だより

不定期連載

市民健康の森だより

第141回 今年も無事に「ホタル観賞会」行いました

6月14日

市民健康の森だより

不定期連載

市民健康の森だより

第140回 歴史ある活動「竹炭焼き」について

6月7日

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook