神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2023年3月10日 エリアトップへ

県議選高津区 定数3に5人が名乗り 31日告示、投開票は4月9日

政治

公開:2023年3月10日

  • X
  • LINE
  • hatena

 3月31日告示、4月9日投開票の神奈川県議会議員選挙に向け、高津区では定数3に対し、現職2人、新人3人が立候補を表明している。8年ぶりに投票が行われた前回(2019年)同様、今回も激しい戦いが予想される(3月6日起稿)。

 3議席を争う今回の県議選。現職は、自民党の小川久仁子氏(6期・70)、立憲民主党の斉藤尊巳氏(3期・46)が立候補を表明し再選を目指す。また新人は、自民党2人目の公認となる小野倫太郎氏(45)、共産党が擁立する野末明美氏(58)、日本維新の会の元職・日浦和明氏(46)の5人が立候補を表明している(本紙調べ)。

各陣営の主張

 立候補予定者の重点施策などは以下の通り(掲載順は現職=当選回数、新人=五十音順)。

 小川久仁子氏は6期24年の議員キャリアを活かし「差別のない平等な社会を目指す」と、新たな挑戦の姿勢を見せる

 斉藤尊巳氏は二児の父として未来への責任を果たすべく、財政健全化や地域の安全・安心確保、物価高対策等を訴える。

 小野倫太郎氏はデジタル化推進による地域活性化や社会課題解決、行政改革等を掲げ未来に希望の持てる県政を目指す。

 野末明美氏は医療従事者、三児の母として「命と健康を守り、子育てと暮らし安心、教育充実の神奈川県」を標榜する。

 日浦和明氏は「教育無償化など、子育て世代への投資や減税、積極財政などを行い成長する日本を取り戻す」と訴える。

 前回の県議選(2019年)は8年ぶりに投票が行われ、現職の小川氏と斉藤氏が議席を確保。定数1増となる3議席目を3人の新人が争った結果、市議からの転身を図った石田和子氏が激戦を制した。石田氏は今回不出馬を表明している。

前回県議選投票率は「40・06%」

 今回選挙の区内選挙人名簿登録者数は19万1762人(2023年3月1日現在)。前年同時期との比較で171人の減少となっている。高津区の前回県議選の投票率は40・06%だった。

高津区版のローカルニュース最新6

諏訪エリアの恒例行事、今年も

【Web限定記事】

諏訪エリアの恒例行事、今年も

5月6日「ふれあいフェスティバル」

5月17日

2年ぶり「ソプラノリサイタル」

「川崎の歌姫」桜井純恵さん

2年ぶり「ソプラノリサイタル」

5月26日 すくらむ21ホール

5月17日

「サークル祭」まもなく

高津市民館

「サークル祭」まもなく

6月8日・9日 区内団体、活動成果を披露 

5月17日

「まち、一緒に盛り上げて」

まちの企画室第4期プロジェクト

「まち、一緒に盛り上げて」

座談会やメンバー募集も

5月17日

「川崎の名で初代王者へ」

NECレッドロケッツ

「川崎の名で初代王者へ」

市長に来季抱負語る

5月17日

川崎の業者が「助っ人」

 都会の遺体安置場所不足 多死社会

川崎の業者が「助っ人」

5月16日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook