神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2024年2月20日 エリアトップへ

川崎市立小・中学校 学校給食に「ホタテ」  北海道などの産地を応援

教育

公開:2024年2月20日

  • X
  • LINE
  • hatena
前回提供の中華丼
前回提供の中華丼

 川崎市は北海道産と青森産の「ホタテ」を3月の学校給食のメニューとして、市立の小中学校と特別支援学校の全校で提供する。東京電力福島第1原発処理水「ALPS処理水」の海洋放出をめぐり、中国などによる水産物輸入停止措置の影響を受けている産地を応援することが目的だ。

 ホタテの国内漁獲量の多くを占める北海道と青森県では、多くの業者が出荷先を失った在庫を抱えている。一方でホタテは1kg当たり4千円から5千円と、学校給食の食材としては単価が高く、前回、市立学校の給食で提供したのは小学校が2020年8月、中学校が同年11月だった。

 今回は3月上旬に小学校114校で「クリームシチュー」約8万食、中学校52校で「中華丼」を約3万2千食、特別支援学校4校で「クリームライス」約960食を提供する予定。昨秋に陸奥湾等で水揚げされた冷凍ホタテで、市の放射能検査をクリアしている。使用する計約2300kgのホタテ購入にかかる最大約1千万円の全額が、国の「ALPS処理水関連緊急国内販路拡大等支援事業補助金」で賄われる。

 市の担当者は「困っている産地を少しでも応援できればと考えた」と話している。

高津区版のローカルニュース最新6

「夏休み環境ワークショップ」

「夏休み環境ワークショップ」

工作・実験・ツアー 小学生の参加者 募集

6月14日

川崎のマイスター、一堂に

武蔵溝ノ口駅南北自由通路

川崎のマイスター、一堂に

匠の技術が来場者を魅了

6月14日

文化でつながり後世へ

川崎沖縄県人会100周年

文化でつながり後世へ

6月14日

若い力で「脱炭素」学び、発信 

若い力で「脱炭素」学び、発信 

高校生らの活動2期目へ

6月13日

 卵アレルギー、発症予防へ

 卵アレルギー、発症予防へ

区内企業が「粉(パウダー)」製品化

6月13日

データが示す「充実度」

市の子どもの権利条例

データが示す「充実度」

6月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook