中原区版 掲載号:2016年5月13日号 エリアトップへ

川崎市 DV専用電話窓口を開設 認知度上げ支援拡充

社会

掲載号:2016年5月13日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市はDV(ドメスティック・バイオレンス/配偶者などからの暴力)被害に関する専用の電話相談窓口を5月2日から開設した。

◇  ◇  ◇

 これまで市のDV相談は保健福祉センターや地区健康福祉ステーション、男女共同参画センター、人権オンブズパーソンなど複数の機関で対応していた。しかし、2014年度の市民へのアンケート調査によると、DV相談ができる窓口があることを知っている人は3割ほどと低く、DVの被害にあっていながら「誰にも相談しなかった」と答えた人は6割近くいた。これにより認知度の面の課題が浮き彫りになった。

 今回設置されたDV専用の電話相談窓口では、不明瞭な窓口を一本化することで周知を容易にするとともに、多岐に渡る相談内容に総合的に対応。必要な支援機関を紹介できる人員を配置した。

 この電話相談窓口の開設は昨年度策定された「DV防止・被害者支援基本計画」の一環。2019年度まで5年かけてDV防止や支援のための環境整備を進めている。各機関と連携した早期発見の促進や一時保護支援の充実、男性のための電話相談窓口などの設置も行っていく。

 なお、13年度の市の調査では、過去10年間で最多となる1455件のDV相談があった。全国的にも年々増加傾向にあり、14年度は10万件を超えた。

「多様化」に対応

 今回開設されるDV電話相談窓口は【電話】044・200・0845。祝日、年末年始を除く月曜〜金曜日午前9時30分〜午後4時30分。市担当者は「最近は身体的暴力だけでなく、暴言を吐くなどの精神的暴力、生活費を渡さないなどの経済的暴力など多様化している。少しでも悩んでいることがあれば、気軽に相談してほしい」と話している。

(問)市こども未来局児童家庭支援・虐待対策室【電話】044・200・2648。

中原区版のトップニュース最新6

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

18年の活動に幕

自共生

18年の活動に幕 社会

放置自転車改善で功績

4月2日号

ご当地体操、「ご自宅で」

パンジー隊×中原区

ご当地体操、「ご自宅で」 社会

NECが協力し、動画刷新

4月2日号

性暴力根絶へ 地元から

フラワーデモ川崎

性暴力根絶へ 地元から 社会

市内初、「ともに寄り添う」

3月26日号

市内で減少 コロナ影響か

運転免許自主返納

市内で減少 コロナ影響か 社会

75歳以上は顕著

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク