中原区版 掲載号:2017年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 救急出場8年連続増加 高齢者からの要請、人口増が要因

社会

 川崎市消防局はこのほど、2016年中の救急出場状況を公表した。昨年1年間の川崎市内の救急出場件数は6万8439件(前年比2614件増)で、8年連続増加。搬送人員数とともに過去最多を更新した。

7分42秒に1件

 救急出場件数の内訳は、急病が4万1768件(前年比2068件増)、一般負傷は9133件(同比325件増)、交通事故は3886件(同比33件減)となっている。市内には27台の救急車が配備されているが、昨年は1日平均187件、約7分42秒に1件の割合で救急出場が発生している。

 8年連続で救急出場の件数が増えていることについて、市の消防局は高齢化に伴い、65歳以上の高齢者の体調悪化などでの要請が増えていることが一因とする。また、市の人口が増え続けていることに伴った増加もあるのではとみている。

救急車の適正利用呼びかけ

 また、以前から指摘されている救急車の適正利用については、いまだに大幅な改善が見られていないという。2016年中の救急出場件数と搬送人員数の差である不搬送件数は8502件で、5年連続増加。その大半が対象者が搬送を辞退したもの。

 例えば「酔っぱらっていただけにも関わらず、周りの人が心配して救急車を呼んでしまった」というケースなどが挙げられる。実際に搬送されたケースでは「病院に行きたいけど足がない」、「どこの病院に行けばいいか分からない」などといった理由で救急車を呼んでしまったという事例が見られる。

 市では救急車の適正利用を呼びかけている。川崎市救急医療情報センター(【電話】044・222・1919)では24時間体制で医療機関を紹介しており、交通手段がない場合にはタクシーや民間救急車の案内も行っている。

 また、市のホームページでは「川崎市救急受診ガイド」を提供。症状に応じていくつかのチェック項目が提示され、回答に応じて緊急度が分類されるので、救急車を呼ぶ判断の一助として利用できる。

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク