中原区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

警察・区・消防三者連携 毎月1日、「児童見守り」へ 登戸の事件受け

社会

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena
児童に声掛けをする(左から)則次署長、石井署長、永山区長
児童に声掛けをする(左から)則次署長、石井署長、永山区長

 中原警察署と中原区役所、中原消防署の三者が連携し、登下校時の児童を見守る活動が行われている。多摩区登戸で起きた児童殺傷事件を受けたもので、中原区でもパトロールを強化するために実施。今後毎月1日に、三者合同による見守り活動を行う計画が上がっている。

 多摩区の路上で児童らが刃物で襲われた事件が5月に発生したことから、区内でも同じような事件を起こさせないようにと、中原警察署と中原区役所、中原消防署などによる児童見守り活動が行われている。今月2日には、則次誠二郎中原警察署署長、永山実幸中原区長、石井博道消防署長の3人と署員や職員、防犯ボランティアなど約30人が大戸小学校の校門に立ち、登校する児童らに声掛けを行った。

 中原警察署では毎月1日を県民交通安全の日としており、中原区役所は毎月1日と10日を中原こども安全の日と定めていることから、則次署長は「今後毎月1日に実施していければ」と展望を話し、小杉小学校や東住吉小学校で実施する計画がある。市制記念日で学校が休みとなる7月1日や長期休み期間中は行われない。

 管内にある交番では、午前7時から行っていた警察官の立番時間を登校時間に合わせるため、30分遅らせ7時半から8時半までの間、児童を見守るなど強化を図っている。

 また、中原消防署では、午後のパトロールを児童の下校時間に合わせており、消防署による児童見守りは職務の範囲外になるが、協力を行っている。

 三者は、川崎市出身の3人組ロックバンド「SHISHAMO」が、中原消防署の一日署長を務めた際に、対抗して「MEZASHI」を結成。振り込め詐欺防止や交通安全、火災の防止などを呼びかける活動を協力して行っている。

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風の教訓、400人共有

丸子6町会

台風の教訓、400人共有 社会

防災訓練で対策協議

2月14日号

「開かずの踏切」 8分短縮へ

平間駅

「開かずの踏切」 8分短縮へ 社会

JR、来年度末に新システム

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

台風被害受け 要望書

小杉タワマン

台風被害受け 要望書 社会

エリマネから、市長へ

1月31日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク