中原区版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

川崎ボッチャクラブの代表を務める 新橋 さち子さん 麻生区在勤 36歳

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

ボッチャの未来に夢描く

 ○…パラリンピック正式種目「ボッチャ」を普及させようと、15年ほど前のクラブ発足当初からアシスタントやスタッフ、審判として携わり、市民向けの体験会などを開催してきた。車いすに乗った障害者の程度に合わせてクラス分けし、的にボールを近づける競技。ルールを覚えればすぐにできるスポーツとあって、体験会当日の参加者に合わせて教え方を決めることもあるという。「運動が不得意の方、年齢にかかわらず挑戦できる。ボッチャを楽しいと思える方が一人でも増えてくれたら」

 ○…大学時代の教授がボッチャのコーチをしていたことから自身も始め、福祉施設の利用者などとボッチャに打ち込んだ。現在は競技人口も増え、来年には東京パラ大会も控えており、人気の高まりを感じている。来年3月には前身となる大会を開き続け、市のバックアップを得た川崎市長杯も初めて行われる。「大きなチャンス。選手としてだけではなく、スタッフなど様々な形で市民の方に関わってほしい」と期待を込める。

 ○…高校卒業後、介護福祉士と社会福祉士の資格を取得。市の職員として麻生区役所で高齢者、障害者支援に携わる。2歳の娘の子育てと仕事、ボッチャの活動を並行する多忙な日々。「家族の協力があってできること。娘は私の仕事をボッチャだと思っていますけどね」と苦笑する。

 ○…ボッチャに限らず、障害者に対する周囲の変化を感じている。「駅にエレベーターが設置されたり、少しずつ良くなっているのが嬉しい」。現在は子育てに追われているが、5年後のパリ大会出場という夢がある。「五輪に出場できるかもって、誰でも夢を描き挑戦できるのがボッチャ。その魅力を伝えていきたい」

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

太田 猛彦さん

2019年度川崎市文化賞を受賞した「かわさき市民アカデミー」の学長

太田 猛彦さん

今井南町在勤 77歳

12月6日号

清水 真理子さん

NPO法人「川崎市民石けんプラント」の理事長を務める

清水 真理子さん

川崎区在勤 57歳

11月29日号

重田 洋一さん

被災地支援を行った川崎建設業協会副会長で、(株)重田組の代表取締役

重田 洋一さん

上丸子山王町在住 50歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

関 伊都子さん

保護者会「りあん」の代表で、発達障がい応援キャラバンを企画する

関 伊都子さん

高津区在住 56歳

10月25日号

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

044-744-3261

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク