中原区版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

JR川崎駅前 浮世絵ギャラリー開館 インバウンド効果に期待

社会

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
作品を鑑賞する人たち
作品を鑑賞する人たち

 元参議院議員で川崎市観光協会会長の斎藤文夫さん(川崎区砂子)が長年収集してきた浮世絵を展示する「川崎浮世絵ギャラリー〜斎藤文夫コレクション〜」が今月3日、川崎区駅前本町にオープンした。市の新しい文化発信拠点として、インバウンド(訪日外国人旅行)呼び込みへの期待も高まる。

 ギャラリーは、JR川崎駅北口に隣接するタワーリバークビル内「アートガーデンかわさき」に開設。約1カ月ごとにテーマを変え、斎藤さんが収集してきた約4千点の中から趣旨に合わせた作品を展示する。

 斎藤さんは約50年かけて浮世絵を収集。地元川崎や神奈川にまつわる浮世絵のほか、鈴木春信「風流やつし七小町」の全7枚など希少価値の高い作品も所有し「斎藤コレクション」としてその道では知られる。多くの人に見てもらおうと、2001年には自宅を改造し「川崎・砂子の里資料館」を開設して無料公開

してきたが、体力的な限界などから2016年9月に休館した。市民から文化の散逸を心配する声が寄せられたこともあり、市が約1億円かけてギャラリーを整備。川崎・砂子の里資料館から20年間無償提供を受け作品を展示し、川崎市文化財団が管理運営する。

 2日のオープニングセレモニーで斎藤さんは「新しい川崎の名所として世界に認識してもらいたい」と述べた。福田紀彦市長はインバウンド効果に期待を寄せたほか「小中高生にも見ていただきたい」と語った。

 現在「日本の宝 浮世絵名品展」を開催。開館時間は午前11時から午後6時30分まで。月曜日、年末年始休館。観覧料は500円、高校生以下、障害者とその介助者1人は無料。

中原区版のトップニュース最新6

木材使いリニューアル

中原区役所

木材使いリニューアル 社会

エコ意識の向上めざし

1月17日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

まちづくりに「結束力」を

新春インタビュー

まちづくりに「結束力」を 社会

永山区長、2020年を語る

1月10日号

等々力発 3.2キロ

東京2020聖火リレー

等々力発 3.2キロ スポーツ

区内ルート明らかに

1月1日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 社会

福田市長、2020年を語る

1月1日号

「ヘイトに罰則」初条例

川崎市

「ヘイトに罰則」初条例 政治

7月全面施行、市民周知へ

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク