中原区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

川崎市長選 現新、一騎打ちか 10月31日投開票へ

政治

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena

 任期満了に伴う川崎市長選挙が10月17日告示、31日に投開票される。立候補を表明しているのは、現職の福田紀彦氏(49)と政治団体代表委員の市古博一氏(73)で、いずれも無所属。この2氏による一騎打ちの公算が大きい。

 福田氏は県議を経て09年の市長選に挑戦し落選するも、13年に政党推薦を受けず初当選。今回3選を目指す。待機児童の解消、小児医療費助成拡大など社会保障の充実、地域包括ケアシステムへの取り組みなど2期8年の実績を訴える。先月末に選挙公約を発表し、二重行政を解消する特別自治市の実現、脱炭素社会への転換などを掲げた。福田氏は「生活、産業、まちづくりはこの10年で大きく変わる。変化を進化につなげ、皆さんと実行させる」と主張する。

 市古氏は政治団体「川崎民主市政をつくる会」代表委員を務め、共産党の推薦を受け出馬の見通し。1972年から41年間、川崎市立小中学校教諭として勤務。4年前の市長選で立候補し落選、今回が2度目の挑戦となる。「基本政策大綱案の8つの柱」を掲げ、医療機関への財政支援、中学卒業までの医療費無料、対話する市政運営などを盛り込み市政の転換を訴える。市古氏は「現市長に市政をまかせては、市民のいのちと暮らしは守れない」と強調する。

    ※10月11日起稿

市古氏
市古氏
福田氏
福田氏

中原区版のトップニュース最新6

被災の歴史、後世へ

市民ミュージアム

被災の歴史、後世へ 文化

市、新施設の「考え方」示す

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

「室内プール」で復活へ

等々力緑地再編整備

「室内プール」で復活へ 教育

ストリート系専用広場も

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

初の関東で実力示す

サッカーAC等々力

初の関東で実力示す スポーツ

「史上最強」でリーグ昇格も

11月19日号

CO2濃度、影響を検証

平間小

CO2濃度、影響を検証 社会

3者連携で実証実験

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook