神奈川県ゲートボール連合の理事長、川崎市ゲートボール連合の会長に就任した種村 恒夫さん宮前区在住 78歳

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • はてぶ

ゲートボール復活へ気勢

 〇…今年春、神奈川県ゲートボール連合の理事長、先月には川崎市ゲートボール連合の会長に就任した。宮前区ゲートボール協会の理事長も務めており、二足の草鞋(わらじ)ならぬ三足の草鞋を履く。会長の使命として真っ先にあげたのが「会員増強」だ。かつてシニアのスポーツとして人気を誇ったゲートボールだが、衰えがみえている。6年前は900人いた川崎市内の協会登録者数が、現在は400人と半減。「初心者でもゲームが楽しめるようにする工夫など『会員増強作戦ABC』を用意し、会員獲得に臨みますよ」と意気込む。

 〇…ゲートボールとの出会いは14年前。蔵敷自治会の副会長を務めていたころ自治会館のオープンを契機に「老人会をつくってほしい」と依頼されたのがきっかけだった。地域で親しまれていたゲートボールに携わると「ハマってしまった」。とことんのめり込む性格。ゴルフ好きから一転、ゲートボール愛好家となり、地域の先輩たちに教えてもらいながら、毎日のように練習したという。

 〇…現役時代は、オーディオ関係のプラスチック部品などをつくる工場の経営者だった。地域の奉仕団体「川崎向ヶ丘ライオンズクラブ」でも活動しており、会が15周年を迎えた時には会長を務めた。多忙のため、まとまった休みはなかったが、正月の家族との海外旅行が恒例行事。アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東など世界各国を歴訪。15年連続で正月休みは日本にいなかったという記録も。部屋の四方いっぱいに飾られた旅の写真は、素敵な思い出だ。

 〇…「運は努力した人に来る」とは横綱・白鵬の言葉。しかし、新会長のモットーは「運は良き仲間がいるから来る」。ゲートボール同様チームワークで市内・県内の競技の発展に挑戦していく。

  • LINE
  • はてぶ

中原区版の人物風土記最新3件

  • 下田 祐二さん

    市認定「低CO2川崎ブランド」で今年度大賞製品の開発チームのリーダーを務める

    下田 祐二さん

    市ノ坪在勤 45歳

    3月15日号

  • 佐藤 元男さん

    SL防災ボランティアネットかわさき(通称:SL川崎ネット)の代表を務める

    佐藤 元男さん

    新城中町在住 70歳

    3月8日号

  • 深瀬 武三さん

    川崎市商店街連合会の会長に就任した

    深瀬 武三さん

    幸区在住 76歳

    3月1日号