鎌倉版 掲載号:2011年9月9日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉の世界遺産登録 20年の歩み経て推薦内定 文化庁文化審議会で決定 2013年の登録目指す

文化

「武家の古都・鎌倉」の登録へ向けて前進
「武家の古都・鎌倉」の登録へ向けて前進

 今回、国として鎌倉を推薦することが了承されたことによって、最短で2013年の登録が見込まれる。推薦内定に松尾崇市長は「大変うれしく思う。更に身を引き締めて作業に取り組みたい」とコメントしている。

 鎌倉は「武家の古都・鎌倉」をコンセプトに侍が政治を行ったという特色と、武士の精神性に焦点をあて、登録を目指している。

 「古都鎌倉の寺院・神社ほか」が国の世界遺産登録に向けた暫定リストに入ったのは92年。鎌倉市を始め逗子市や横浜市、神奈川県の4県市で登録に向けて取り組んできた。

 鎌倉市は04年に世界遺産登録推進担当を部署として位置づけ、推薦書案の制作を行ってきた。現在はユネスコへの提出に向けて英訳を進めている。

 06年には市民で構成される「鎌倉世界遺産登録推進協議会」を設立。市民向けに会報の発行や講習会を行うなど、世界遺産登録に向けた啓発活動をしており、現在80を超える団体が名を連ねる。

 08年から09年にかけて国際的な評価を確認するため、海外から専門家を招いてシンポジウムを4回開催し、内2回は市民も参加しての国際フォーラムとなり、延べ約600人が参加したという。

 市は世界遺産登録を見込んでの観光整備も行っており、市の中心部に駐車場が少ないことから、七里ガ浜などの駐車場と江ノ電やバスを用いると割引になる「パーク&ライド」の整備を進めている。また、観光情報を集約するガイドセンターとして御成小学校の旧講堂を利用する方向で検討するなど、事後の準備も進めている。

 推進協議会広報担当の内海恒雄さんは「後世に残すための登録。責任の重さを自覚しなくては」と推薦内定を評価する。

 市推進担当は「本格的な決定が下されるまで、粛々と準備を進めていきたい」と話していた。

 文化庁で今月1日、世界遺産登録に関する委員会が開かれ、「鎌倉」と「富士山」を国としてユネスコ世界遺産委員会に推薦することが了承された。今後、関係省庁連絡会議などを経て、正式な決定となる。1992年の暫定リスト入りから、20年経ての推薦獲得となり、世界遺産登録に向け大きな一歩となる。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク