鎌倉版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

市内保育所 待機児童は90人 前年比減も地域間で差

教育

 12月第一土曜日の「保育の日」にちなみ、市内19の認可保育所で入園前の子どもや保護者による「交流会」が行われた。現在、市内の待機児童数は11月1日現在90人で、5年前と比較しても大幅な減少は見られていない。地域別では大船、玉縄、鎌倉で増加傾向にあるという。待機児童の現状について市保育課に聞いた。

 市保育課によると、11月1日現在の市内待機児童数は90人。昨年11月の125人と比較すると約3割減少するものの、過去5年間では増減を繰り返しており、大幅な減少は見られない。

 昨年同期比で減少した要因について、同課では市内保育園の定員増や、認定こども園・アワーキッズ大船(市内大船)が開所したことによる受入数の増加をあげる。「今後も定員の見直しを行い、受入数を増やしていく」と話す。

大船・玉縄・鎌倉では増加

 地域別では大船、玉縄、鎌倉は入園の申し込み数が増加傾向にあり、それに伴う待機児童増加の対策が急務とされてきた。

 今年度、大船はアワーキッズの開所により若干減少する一方、鎌倉ではピヨピヨ保育園の移転(由比ガ浜から常盤へ)などから、昨年度よりも増加傾向にある。比較的待機児童が少ないのは腰越と深沢で、特に深沢では4歳から6歳児の受け入れには余裕のある園もあるという。

 子育て世代で構成される市民団体「鎌倉子育てガイド」の入江麻理子代表は「確かに受入数自体は増えているが、地域間の差が大きい」と問題点を指摘。大船と玉縄地域はマンションや集合住宅の建設、企業や病院の移転などの影響で、子育て世代の転入が著しく多い地域だという。にもかかわらず、同地域では岩瀬保育園植木分園(市内植木)が2013年度以降に閉鎖または移転予定となっており、待機児童の増加が懸念される。

 この状況に対し、同課は「みどり幼稚園(市内岡本)が幼稚園と保育園の機能を兼ね備えた『こども園』になることで、ある程度は補える」と見通しを立てている。他にも地域の中で子どもを預けるファミリーサポートの制度をより専門的にした「保育ママ」を来年3月までに設置予定。現在講習受講者の募集を行っている。同課ではこの保育ママが新たな保育サービスとして役立てば、と期待する。

 また、非保育世帯向けの保育園の一時保育制度も、3ヵ月前に予約が埋まるなど急な対応に弱い。入江さんは「働く女性のためにも、子育てで孤立させないためにも、今の時代にあった保育サービスを整えてもらえれば」と話す。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

「日比谷花壇」が新愛称に

フラワーセンター

「日比谷花壇」が新愛称に

3月9日号

地域と連携 詐欺防止へ

鎌倉警察署

地域と連携 詐欺防止へ

3月9日号

「泣塔」で住民主体の慰霊祭

「手作り」ジャズ祭20回目

Jazz in鎌倉

「手作り」ジャズ祭20回目

3月2日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク