鎌倉版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

3.11で考えたこと 寄稿60本を小冊子に 「風化させないために」早大生ら執筆

社会

「来年も発行したい」と池田教授
「来年も発行したい」と池田教授

 大学生や教職員、ボランティア団体メンバーらの寄稿60本をまとめた小冊子「東日本大震災をどう受け止めたか/3・11以後、日本再生への道」が今月11日、早稲田大学国際言語文化研究所から発行された(非売品)。海外から見た震災、ボランティアの未来像など7章161頁からなる。編者で市内佐助在住の池田雅之早大教授は「震災を風化させないために」と発行の理由を語った。

 早大の同研究所所長を務める池田教授が、助手の佐川佳之さんとまとめた。市内図書館などに寄贈予定。

 昨年の3・11直後に、「記録を残そう」(池田教授)と決意。震災の影響で遅れて始まった新学期では、自身の受け持つ2つのゼミナールで、「東日本大震災をどう受け止めたか」「何ができるのか」をテーマに議論、学生がまとめたレポートは今回の小冊子に掲載されている。また、池田教授の同僚や大学院生、震災直後から支援活動を行うNPO法人「鎌倉てらこや」、その関係団体で全国展開するNPO法人「てらこやネットワーク」の活動報告も寄せられている。寄稿者の年齢は20代から70代と幅広い。

 池田教授は3・11を受けて「多くの人が社会と自分とのつながりを考えたと思う」と話す。「コミュニティーの再生、日本が生まれ変わる教訓を与えてくれたのでは」と、震災を一人一人の問題として考える重要性を指摘した。

※小冊子希望者は、ハガキに住所・氏名・電話番号を明記、〒169-8050新宿区西早稲田1の6の1、早稲田大学社会科学部内、国際言語文化研究所「ブックレットTN係」まで応募下さい(先着50人)。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「梅の香りと店巡り楽しんで」

長谷地域商店主有志

「梅の香りと店巡り楽しんで」

2月16日号

ICカードで精算可能に

湘南モノレール

ICカードで精算可能に

2月16日号

歴史・文化の発信拠点に

旧県立近代美術館鎌倉館

歴史・文化の発信拠点に

2月9日号

外国人にスマホ貸し出し

神奈川県市観光協会

外国人にスマホ貸し出し

2月9日号

ゆかりの地「一色先生」が紹介

子育て支援・教育に重点

2018年度当初予算案

子育て支援・教育に重点

2月2日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク