鎌倉版 掲載号:2012年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

日本マクドナルド 山崎小に防犯笛を寄贈 県内小学校を代表して

教育

児童はドナルドの問いかけに元気良く答えていた
児童はドナルドの問いかけに元気良く答えていた

 日本マクドナルド株式会社(東京都新宿区・原田泳幸代表取締役会長兼社長兼CEO)は、県内の小学校を代表して市立山崎小学校(市内山崎・林紋子校長)の新1年生を対象に今月13日、同社の地域貢献活動の一環として防犯笛の贈呈式と防犯ワークショップを行った。

 日本マクドナルドでは、吹くと「ピーッ」と大きな音で危険を知らせることのできる防犯笛を新入学児童に提供し、子どもの防犯意識を啓発する活動を2003年から行っている。

 沖縄県での活動を皮切りに10年目を迎える今年は、新たに東京都、神奈川県など14都府県を加え、全国47都道府県、計87万4260個の防犯笛を寄贈した。

 神奈川県での活動は今回が初めてで、同社からの呼びかけに県内14の教育委員会が応じ、計8850個が配布された。

 防犯笛寄贈にあたり県内の小学校を代表して、新入学児童数が多い鎌倉市から山崎小学校が選出。今月13日には、林校長と代表児童2人が目録と防犯笛を受け取った。

ドナルドが防犯教室

 式の前には、この4月に入学したばかりの新1年生116人に対し、同社のキャラクター「ドナルド・マクドナルド」による防犯ワークショップが行われた。

 県警職員や大船警察署員らが見守る中、「ドナルドの防犯教室」と題して行われたワークショップは、「じぶんでじぶんをまもることについてかんがえよう」をテーマに、「周りで起こっている事件は」「事件に遭わないようにするには」などの質問が児童に投げかけられ、子どもたちは元気よく答えていた。

 教頭先生が知らない人にふんし、児童を連れ去ろうという設定のシミュレーションゲームでは、「君の家族が事故に遭った。一緒に病院へ行こう」と話しかけられた児童が「なんでそんなこと知っているの」と切り返す場面も。

 最後は体育館いっぱいに児童が広がり、ドナルドと一緒に、県警推奨の防犯標語の歌を歌い、踊った。

 同社は「今後も続けていきたい」と話した。
 

寄贈された防犯笛
寄贈された防犯笛

鎌倉版のトップニュース最新6件

「梅の香りと店巡り楽しんで」

長谷地域商店主有志

「梅の香りと店巡り楽しんで」

2月16日号

ICカードで精算可能に

湘南モノレール

ICカードで精算可能に

2月16日号

歴史・文化の発信拠点に

旧県立近代美術館鎌倉館

歴史・文化の発信拠点に

2月9日号

外国人にスマホ貸し出し

神奈川県市観光協会

外国人にスマホ貸し出し

2月9日号

ゆかりの地「一色先生」が紹介

子育て支援・教育に重点

2018年度当初予算案

子育て支援・教育に重点

2月2日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク