鎌倉版 掲載号:2013年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉市 いじめ専用ダイヤル新設 約20日間で相談4件

社会

中学生用(左)と小学生用(右)の印刷物
中学生用(左)と小学生用(右)の印刷物

 市は4月23日から、市教育センター相談室内に、いじめ相談に特化した「鎌倉市いじめ相談ダイヤル」を設置している。市内在住・在学の児童生徒とその保護者が対象で、専用ダイヤルにすることでより相談しやすい態勢を作り、いじめ予防や早期発見・解消を図る。

 「相談ダイヤル」では、臨床・学校心理士などの資格を保有する専門の相談員や、教育委員会の指導主事らが対応。相談者の状況を確認したうえで、必要に応じてアドバイスなどをする。状況が深刻で、具体的な校名などが挙がれば、市教委から学校への指導・助言も行っていく方針だ。

 市教育センターによると、電話や自宅訪問で教育相談を受け付ける「教育センター相談室」は以前から設置されていたものの、いじめに特化したものではなかった。2011年、国内でいじめが要因とみられる中学生の自殺事件が発生。以降、全国的にいじめ対策の点検・改善が求められてきたことを受け、市の教育委員から市側へいじめ予防・早期発見の強化が提言された。

 市は、市立の25小中学校の全児童生徒と保護者への印刷物配布や、市ホームページなどで周知し、5月14日現在までに4件の相談があったという。

 ダイヤルは【電話】0467・24・5235。祝日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで受け付ける。同センターの越川雅之所長は「他人に話すことが解決への第一歩。身近な人には話しにくい、という人に、積極的に活用してもらえれば」と話している。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

改修終え4月1日再開

フラワーセンター

改修終え4月1日再開

3月30日号

地元企業が共同で「社食」運営

ごみ処理施策めぐり紛糾

鎌倉市議会

ごみ処理施策めぐり紛糾

3月23日号

障害者診療がスタート

市歯科医師会

障害者診療がスタート

3月23日号

「伝統文化発信の拠点に」

市内の書家小山渚さん

「伝統文化発信の拠点に」

3月16日号

毎日の運動がポイントに

鎌倉市

毎日の運動がポイントに

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク