鎌倉版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

広町緑地 都市公園として開園 管理棟や散策路など整備

社会

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
完成した管理事務所棟(上)と園路(提供:NPO法人鎌倉広町の森市民の会)
完成した管理事務所棟(上)と園路(提供:NPO法人鎌倉広町の森市民の会)

 腰越地区に広がる広町緑地が4月1日、都市公園として開園した。2003年から市と市民団体などが協働で保全活動等を行ってきた同緑地。このほど事務所や園路、広場が整備され、新たな一歩を記した。

 都市公園は都市公園法に基づいて地方公共団体が整備・運営するもの。正式に開園したことで、管理者である市が動植物の持ち込みや持ち出し、火気使用の禁止、ゴミの持ち帰りなどのルールを設定、利用指導を行っていく。

 開園に先立ち管理事務所棟や電灯、看板、散策路などが整備された。管理事務所棟には年末年始を除きスタッフが常駐。案内や救護など来園者の対応にあたるという。また、トイレも設置され、運営時間の午前8時30分から午後5時15分まで利用できる。

行政・市民が協働で保全

 広町緑地は市の南西部、腰越地区に広がる大規模樹林地。1970年代に宅地開発の計画が持ち上がったことから、保全をめぐり様々な議論がされてきた。

 市は2001年に改訂した「鎌倉市緑の基本計画」に基づき同緑地を都市林として保全を図ることを決定。2003年から用地取得を進め、NPO法人鎌倉広町の森市民の会など、市民活動団体と協働し保全活動を行ってきた。

 当初、都市公園の運営は指定管理者制度の導入により民間に委託される予定だった。昨年8月には公募がおこなわれ、応募した団体は「市民の会」のみだったが、財政基盤の弱さや公園管理実績の乏しさなどを指摘され、市が直接管理することが決まっていた。

鎌倉版のトップニュース最新6

稲村ガ崎で道路陥没

台風19号

稲村ガ崎で道路陥没 社会

一時1300人が避難所へ

10月18日号

「突然の廃止」に住民反発

玉縄青少年会館

「突然の廃止」に住民反発 政治

市長が議案撤回表明

10月18日号

災害現場の情報提供へ

県タクシー協会鎌倉支部

災害現場の情報提供へ 社会

市内2署と協定締結

10月11日号

絵本作家19人が活動紹介

絵本作家19人が活動紹介 文化

イラスト・エッセイ入り冊子発行

10月11日号

通行止め受け臨時運行

神奈中バス

通行止め受け臨時運行 社会

栄光学園前―打越間で

10月4日号

6年ぶり東日本大会へ

腰越中吹奏楽部

6年ぶり東日本大会へ 文化

県勢唯一の出場決める

10月4日号

ビール祭で被災地支援

商工会議所青年部

ビール祭で被災地支援 社会

来週末、市役所駐車場で

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ピアノ・歌曲の演奏会

ピアノ・歌曲の演奏会

10月31日 藤沢市民会館

10月31日~10月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク