鎌倉版 掲載号:2015年7月31日号 エリアトップへ

上半期火災・救急概況 救急昨年比118件増に 搬送の65%が高齢者

社会

掲載号:2015年7月31日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市消防本部は7月14日、今年上半期(1〜6月)の火災・救急概況を発表した。それによれば救急件数は昨年同時期に比べて118件増となる4982件。同本部では「高齢者の搬送が増える一方で、軽症の人からの連絡も増えている。救急車の適正利用を呼びかけていきたい」と話す。

火災は8件減少

 今年上半期、鎌倉市に報告があった火災発生は20件で、昨年同時期に比べて8件の減少となった。

 火災の内訳は、建物火災が11件(昨年比5件減)、その他(ごみや下草が燃えるなど)が9件(昨年比4件増)となった。発生原因は放火(疑い含む)が3件、電気関係が2件、たばこやコンロ、マッチ・ライター、たき火が1件ずつ。損害額(速報値)は1514万円で、昨年より2千万円ほど少なかった。

 同本部は「火の取り扱いに気をつけるとともに、住宅用火災警報器を設置して欲しい」とし、全国的に放火による火災が17年連続で最多となっていることから「自宅周囲に燃えやすいものを置かない、ごみを指定された場所・時間に出すなど各家庭で注意を」と呼びかけている。

約4割が軽症者

 救急件数は4982件となり、昨年同時期を118件上回った。

 そのうち実際に搬送された人は4753人で、そのうち65歳以上の高齢者が約65%となる3106人を占めた。

 一方で搬送した人のうち、入院の必要がない軽症者は1958人(約41%)。こうした実態を受けて同本部では、救急車の適正利用の推進を目指して、時間外でも診療に応じる医療機関の案内(【電話】0467・24・0099)や休日夜間急患診療所(材木座3の5の35【電話】0467・22・7888)の周知に力を入れている。同本部は「重症患者の救命率の向上を図るためにも、市民の皆さんに協力をお願いしたい」と話している。

鎌倉版のトップニュース最新6

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ 文化

半世紀ぶり通行も検討

5月14日号

自宅療養者を地域で見守り

自宅療養者を地域で見守り 社会

医師会と訪問看護師が連携

5月14日号

最先端IT研究所に

野村総研跡地

最先端IT研究所に 社会

市 事業概要を発表

5月7日号

砂浜へのスロープ完成

由比ヶ浜海岸

砂浜へのスロープ完成 社会

バリアフリー化が前進

5月7日号

新人健闘7氏が議席獲得

鎌倉市議会議員選挙

新人健闘7氏が議席獲得 政治

投票率は48・73%

4月30日号

49カ所が「危険バス停」に

49カ所が「危険バス停」に 社会

国交省が新たに発表

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter