鎌倉版 掲載号:2015年10月30日号 エリアトップへ

由比ガ浜通り ママ企画のハロウィン開催 地域商店も協力

文化

掲載号:2015年10月30日号

  • LINE
  • hatena
参加を呼びかける船山さん(前列右から2人目)ら実行委員会のメンバーたち
参加を呼びかける船山さん(前列右から2人目)ら実行委員会のメンバーたち

 由比ガ浜通りを舞台に、ハロウィンイベントが初めて開催される。企画運営するのは幼い子どもたちを持つ地域の「ママ」たち。10人のメンバーは仕事や育児の合間を縫って準備に奔走した。実行委員長で自身も2人の子を持つ船山直子さんは「おむつ替えや授乳場所も確保してあるので、赤ちゃんを含め気軽に参加を」と呼びかけている。

 「ハロウィン親子イベント〜おばけになってお菓子をもらおう〜」が10月31日(土)、由比ガ浜通りで開催される。午後3時から6時(受付は5時30分)まで。参加無料。雨天決行、荒天中止。

 対象は0歳から小学6年生の子どもとその保護者で先着200人。由比ガ浜公会堂(由比ガ浜2の7の21)か子ども用雑貨店hananoko(長谷1の2の8)のどちらかで受付した後、由比ガ浜通りにある38の協力店舗で「トリックオアトリート」と合言葉を言うと菓子がプレゼントされる。

 また、プロカメラマンによる撮影やフェイスペイント体験のほか、特別協賛する10店舗がベストコスチューム賞を選出し、2千円相当のプレゼントが贈られる企画も用意されている。

地域交流の機会に

 実行委員長の船山さんは2人の子どもを育てるかたわら、2010年から六地蔵近くで英会話教室「ペペ・イングリッシュサロン」を主宰している。教室では毎年ハロウィンイベントを開催してきたが、「街全体を巻き込んだイベントにしたい」と今年7月に発案。親子クラスの母親を中心に実行委員会を立ち上げた。メンバーは仕事や育児の合間を縫ってポスターの作成や菓子の手配、さらに由比ガ浜通りの飲食店や商店を訪問し協力を募るなど、一から準備を進めた。

 協力店のひとつ、1918年創業、田村自転車店の田村満秋さんは「子どもたちのかわいい仮装姿を見たいからね」と2つ返事で参加を決めた。田村さんは「商店街のイベントで子どもが楽しめるものは意外と少ない。地域交流の良いきっかけになる」と期待を込める。

 船山さんは「いろんなお店の人たちと顔見知りになれたのも一つの収穫。地域のイベントとして続けていけたら」と話す。

 問い合わせや詳細は「由比ガ浜ハロウィン」で検索するか【携帯電話】080・3416・7050船山さんへ。

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク