鎌倉版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

地元経営者ら「(株)鎌倉」設立 民間感覚で地域活性目指す

経済

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena
久保田社長(右端)らが会見を行った
久保田社長(右端)らが会見を行った

 鎌倉ゆかりの企業経営者や有識者、宗教関係者らが中心となって「株式会社鎌倉」がこのほど設立された。収益を公益に還元する「パブリック・ベンチャー」というコンセプトを掲げ、民間ならではのスピード感で地域の課題解決やブランド力アップを目指す考えだ。

 「株式会社鎌倉」の設立記者会見が11月19日、商工会議所で行われた。

 代表取締役に就任した久保田陽彦さん((株)豊島屋代表取締役)のほか、取締役の井手太一さん(市観光協会会長)、株主の浄智寺住職・朝比奈恵温さん、女優で鎌倉市国際観光親善大使の鶴田真由さんら10人が出席した。

 井手取締役は「政府の掲げる地方創生を踏まえ、ここ鎌倉から新たなまちづくりのモデルを発信できれば」と意気込みを語った。

「好循環生みたい」

 「株式会社鎌倉」は「パブリック・ベンチャー」という造語をコンセプトに掲げ、収益は株主ではなくすべて公益に還元する。様々な制約のある従来の公益団体や行政と異なり、税金や補助金に頼らず、スピード感を持ってアプローチができることを強みとする。

 そのうえで「鎌倉ブランド」を生かした商品開発や観光企画によって収益を生み、環境整備や文化振興など地域の課題解決に取り組む。取締役の古田秘馬さんは「スペインのマドリードでは『街がひとつのレストラン』をテーマに掲げ、前菜はA店、メインはB店と半日かけて街を味わい尽くすツアーが大人気。ここ鎌倉でも、そんな企画ができれば」として、地域の魅力向上を新たな事業に繋げる「好循環」を作ることを目指す。

 久保田代表取締役は「具体的な事業計画は今の時点で発表できない」としたが「メーカーと連携した鎌倉ブランドの商品の開発や、修復ツーリズムといった体験型ツアーのほか、地域イベントの事務局を担うなど色々な可能性がある」と話した。

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク