鎌倉版 掲載号:2017年5月19日号 エリアトップへ

「歴史文化交流館」が開館 市内小中学生は観覧無料

社会

掲載号:2017年5月19日号

  • LINE
  • hatena
モダンなデザインのエントランス(右)と内覧会で展示に見入る見学者
モダンなデザインのエントランス(右)と内覧会で展示に見入る見学者

 鎌倉歴史文化交流館が5月15日、市内扇ガ谷1丁目に開館した。同館は古代から近現代まで、鎌倉の歴史・文化を通史で紹介するとともに、出土遺物などを公開する施設。一般財団法人センチュリー文化財団などから市に寄付された土地・建物を活用した。建物の設計を世界的な建築家ノーマン・フォスター氏が代表を務める事務所が手がけたことでも話題となっている。

 同施設は本館(延べ床面積1137・77平方メートル)と別館(延べ床面積267・56平方メートル)に分かれており、本館には原始・古代から現代までに鎌倉で発生した歴史上の出来事をパネルや映像を使って紹介する通史展示室、鎌倉の都市構造や武士の営みをジオラマ映像などで紹介する中世展示室、別荘文化のほか晩年を鎌倉で過ごした杉原千畝の業績を紹介する近世・近現代展示室などが設けられている。

 別館には時代やテーマごとに市内の出土品を展示する考古展示室を設置。今後は最新の成果を踏まえた「速報展示」も行うという。

 建物は、イギリスの世界的建築家ノーマン・フォスター氏が代表を務めるフォスター+パートナーズが設計を手がけ、2004年に個人用住宅として竣工したもの。土地と建物を合わせ、所有していた一般財団法人センチュリー文化財団とセンチュリーアセットマネジメント(株)から、市が13年3月に寄付を受けた。

 市は当初、世界遺産のガイダンス施設として活用を予定していたが、イコモスによる「不記載勧告」を受けて計画を変更。歴史・文化を学び体験し交流できる場としての整備が進められてきた。隣接する不動産の購入や施設の改修費用の一部には、同財団からの寄付金(15億円)が充てられた。

 5月12日には開館式と内覧会が行われ、松尾崇市長をはじめ市・県・国会議員、地域住民らが出席。青木豊館長は「市民が自らのふるさとを確認するととともに、訪れた人の知的欲求を満たし、鎌倉の歴史文化を世界に発信する場としていきたい」とあいさつした。

 開館時間は午前10時から午後4時(入館は午後3時30分)まで。日曜、祝日は休館。観覧料は一般300円、小・中学生は100円。市内の小・中学生は観覧無料で「何度でも来館してほしい」と今後は専用のカードを配布することなども企画しているという。

 そのほか市内在住の65歳以上の人、身体障害者手帳の交付を受けた人と付添い1人も無料になる(身分証等の提示が必要)。詳細は同館【電話】0467・73・8501へ。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

5千円電子クーポン配布へ

5千円電子クーポン配布へ 経済

12月15日から利用可能

10月16日号

「困窮者世帯に食料を」

ふらっとカフェ鎌倉

「困窮者世帯に食料を」 社会

「パントリー」実施へ資金募る

10月16日号

免許返納者に助成券交付へ

免許返納者に助成券交付へ 社会

事故防止と外出機会増狙う

10月9日号

空撮映像、観光に活用へ

空撮映像、観光に活用へ 社会

ドローン協会が県と連携

10月9日号

宿泊施設へ手荷物配送

宿泊施設へ手荷物配送 経済

市観光協会が新サービス

10月2日号

スタンプ集めて地元応援

稲村ガ崎

スタンプ集めて地元応援 コミュニティ社会

24店参加の「ラリー」開催

10月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク