神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2017年9月8日 エリアトップへ

災害時にドローン活用へ 鎌倉署が民間団体と協定

社会

公開:2017年9月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
締結式の様子(左から住吉理事、青栁代表、野崎署長)
締結式の様子(左から住吉理事、青栁代表、野崎署長)

 鎌倉警察署(野崎剛志署長)はこのほど、災害発生時の情報収集などに役立てるため、一般社団法人鎌倉ドローン協会(青栁正紀代表)と協定を結んだ。県内における同様の協定は4カ所目。関係者は「ともに災害に強い街を目指したい」と話している。

 小型無人飛行機「ドローン」は、近年カメラを搭載したモデルが普及し、災害時の情報収集などへの活用に注目が集まっている。

 今回締結した協定は、大規模な災害が発生した際、鎌倉署管内の被害状況の把握に、一般社団法人鎌倉ドローン協会が協力するというもの。

 同協会は市内を中心に空撮やパイロットの育成、防災訓練への参加といった活動を続けており、今年3月頃から鎌倉署との間で協定の締結に向けた協議が進められてきた。県内で同様の協定を結んだのは瀬谷署、麻生署、金沢署に続き4カ所目。

 8月31日には鎌倉署で協定の締結式が開催され、野崎署長と青栁代表、同協会理事の住吉尚人さんが出席。式後には、同署3階の道場でデモ飛行も行われた。

 野崎署長は「ドローンは今後、可能性がどんどん広がっていく分野。人が容易に行くことができないエリアでの情報収集にご協力いただき、ともに災害に強い街を目指したい」と話し、青栁さんは「これからも訓練を重ね、災害対策の力になりたい」と抱負を語った。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

おにぎりが社会を救う?

おにぎりが社会を救う?

協会・中村代表に聞く

6月14日

前年から微増の1228万人

2023年観光客数

前年から微増の1228万人

5類移行も休館等影響か

6月7日

妙長寺、魚の命に合掌

妙長寺、魚の命に合掌

10年に1度の「鱗供養」

6月7日

認知症カフェを定期開催

認知症カフェを定期開催

今泉台 理解広める場に

5月31日

学生団体が企業と協定

学生団体が企業と協定

熱中症予防で連携へ

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook