神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2017年12月8日 エリアトップへ

鎌倉市 民間ドローン団体と協定 災害時の情報収集で連携

社会

公開:2017年12月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
調印式の様子(左から)住吉さん、青栁代表、松尾市長、渡部さん
調印式の様子(左から)住吉さん、青栁代表、松尾市長、渡部さん

 鎌倉市は12月1日、一般社団法人鎌倉ドローン協会(青栁正紀代表)と「災害時における協力に関する協定」を締結した。最新機器を情報収集に生かすのが狙いだ。

 遠隔操作が可能な小型無人機ドローンは高性能カメラを備え付け、上空から動画等を撮影することで、人が接近できない場所での情報収集など災害時の活用に注目が集まっている。

 そんななか市は、今年6月に発足し、市内を中心に名所等の空撮やパイロットの育成、総合防災訓練への参加、市民への啓発活動などを行っている一般社団法人鎌倉ドローン協会と協力協定を締結した。今後は災害が発生した際に市が要請し、同協会のパイロットがドローンを操作して被害状況などの情報収集にあたるという。

 12月1日には市役所で調印式が開催され、松尾崇市長と同協会の青栁代表、パイロットの住吉尚人さん、渡部順一さんが出席した。

 松尾市長は「鎌倉は谷戸が多く、がけ崩れなど二次災害の発生も想定される。いざという時に協力いただけるということで心強い」とし、青栁代表は「ドローンについて広く知っていただくきっかけにもなれば。市民の安心安全に寄与できるよう、より一層頑張っていきたい」と話していた。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

カマクラ夜市に外国人屋台

カマクラ夜市に外国人屋台

月1回出店で地域交流

5月17日

柳澤さんが世界選手権へ

柳澤さんが世界選手権へ

ヨット2人乗りで出場権

5月17日

旧鎌倉図書館の維持・公開を

3月に国登録有形文化財

旧鎌倉図書館の維持・公開を

市民団体が市長へ要望書

5月10日

住宅地に自転車貸出拠点

住宅地に自転車貸出拠点

交通空白地帯の外出促進へ

5月10日

5年ぶり市民カーニバル

5年ぶり市民カーニバル

26日 仮装パレード参加募集

5月3日

5日は小学生運賃「無料」

湘南モノレール

5日は小学生運賃「無料」

乗車5億人を記念し

5月3日

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook