鎌倉版 掲載号:2017年12月22日号 エリアトップへ

「作家目線」で鎌倉の魅力紹介 文学館で収蔵品展

文化

掲載号:2017年12月22日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉文学館で12月16日から、収蔵品展「作家と歩く鎌倉その2 由比ガ浜・材木座方面」が始まった。

 期間中は鎌倉に住むことになった芥川龍之介が、元八幡(由比若宮)のそばに家を決めた経緯を恩師の息子、菅忠雄に綴ったハガキや、幼い頃に家族とともに毎年のように鎌倉に避暑に訪れ、光明寺に宿泊していたという武者小路実篤が描いたユーモラスな書画などを展示する。同館では「文学者の目を通して鎌倉の魅力に触れてもらえたら」と話している。

 会期は来年4月15日(日)まで。入館料は一般300円、小中学生100円。開館は午前9時から午後4時30分(3〜4月は5時)。期間中の休館日は月曜日(1月8日と2月12日は開館)と12月29日から1月3日。詳細は同館【電話】0467・23・3911へ。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク