鎌倉版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

神奈川県市観光協会 外国人にスマホ貸し出し 動向分析へ実証実験

社会

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena
貸与される「handy」(上)と黒岩知事らが出席した協定の締結式
貸与される「handy」(上)と黒岩知事らが出席した協定の締結式

 外国人観光客にスマートフォンを無料で貸し出し、旅行の満足度向上や地域のプロモーション、動向分析につなげようという取り組みが、鎌倉を含む県内3市町5カ所で2月中旬から始まることになった。

 これは神奈川県とホテルの宿泊者向けにスマートフォンのレンタル事業を展開するhandy Japan(勝瀬博則社長、東京都港区)が、共同で実施するもの。同社が提供する「handy」は国内通話、国際電話、インターネットを無制限で利用できるもので、国内では2017年7月からサービスを開始。現在、都内の約6割のホテルが導入を決めているという。

 今回の実証実験には、県内3地区の観光協会(横浜観光コンベンション・ビューロー、鎌倉市観光協会、箱根町観光協会)が協力。5カ所の観光案内所にhandy各60台、計300台を設置し、3月末まで外国人観光客を対象に無料で1日貸与する。市内の貸し出し場所はJR鎌倉駅東口前の観光案内所。

 スマホの画面上には、県の外国語観光情報サイトや各地域の観光協会のホームページにアクセスできるバナーが設定されており、外国人客に観光情報を提供する。旅の満足度の向上を目指すとともに、位置情報(GPS)機能を活用することで、動向や人気の観光スポット等を把握し、今後の観光施策に生かす考えだ。

 1月30日には県庁で協定の締結式が行われ、この席で勝瀬社長は「災害情報なども提供でき、外国人向けの危機管理システムとしても活用できる」とサービスに自信を見せた。また市観光協会の中山一彦専務理事は「外国人客がどこを訪れているかを把握し、飲食店や四季の見どころなどきめ細かい情報提供につなげたい」と話していた。

鎌倉版のトップニュース最新6

災害現場の情報提供へ

県タクシー協会鎌倉支部

災害現場の情報提供へ 社会

市内2署と協定締結

10月11日号

絵本作家19人が活動紹介

絵本作家19人が活動紹介 文化

イラスト・エッセイ入り冊子発行

10月11日号

通行止め受け臨時運行

神奈中バス

通行止め受け臨時運行 社会

栄光学園前―打越間で

10月4日号

6年ぶり東日本大会へ

腰越中吹奏楽部

6年ぶり東日本大会へ 文化

県勢唯一の出場決める

10月4日号

消火器設置を呼びかけ

鎌倉市消防本部

消火器設置を呼びかけ 社会

義務化控え対象店を巡回

9月27日号

ビール祭で被災地支援

商工会議所青年部

ビール祭で被災地支援 社会

来週末、市役所駐車場で

9月27日号

車両通行「10月中旬に」

玉縄地区「栄光坂」

車両通行「10月中旬に」 社会

バスは経路を変更

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ピアノ・歌曲の演奏会

ピアノ・歌曲の演奏会

10月31日 藤沢市民会館

10月31日~10月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク