鎌倉版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

会場は築90年の古民家 初の潮風マルシェが盛況 所有者「腰越活性化の拠点に」

社会

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
家屋前の通路で開かれたマルシェ
家屋前の通路で開かれたマルシェ

 空き家となった古民家の敷地や建物を、地域活性の拠点として活用しようという取り組みが、腰越エリアで進んでいる。2月10日には住民のアイデアが形になり、初の「潮風マルシェ」が開催された。

地域団体が企画

 このイベントは、「腰越の家」と名付けられた古民家(腰越3の28の14)前の通路で行われた。

 会場には地元の老舗豆腐店によるおでんをはじめ、ワーゲンバスに積んだ国産薪窯で焼いたピザ、薬膳カレースープ、甘酒、天然繊維の帽子などの出店が立ち並んだほか、バスボム作りのワークショップも開かれ、親子連れなど多くの人でにぎわった。

 企画したのは、腰越エリアの活性化に取り組む地域団体「マゴベイジャパン」。代表の中丸潤さんは「予想以上にたくさんの人が来てくれて嬉しい。今後も定期的に開催できたら」と笑顔を見せる。

 会場となった古民家は、1925年(大正14年)に建造され、90年以上前の姿をいまに残す。もともとの住民が昨年転居したことで空き家となっていた。

 そこで現在の所有者と市内の不動産会社「(株)エンジョイワークス」とが連携して昨年9月、一般市民から家屋や敷地の活用案を募ろうという「アイデア会議」を開催した。

 近隣住民ら数名が参加し、さまざまなアイデアが出されるなか、「潮風マルシェ」の開催を提案した中丸さんと所有者が意気投合したことで、今回のイベントが実現した。

さらなる活用案募る

 マルシェが開催されたこの日、家屋内では2回目となるアイデア会議「古民家使いたい人集まれ会議」が開かれた。

 参加した10人ほどの市民からは「合宿場として使いたい」「子ども食堂を開いてみては」など、さまざまなアイデアが提案され、実現のための話し合いも行われた。

 所有者の一人である山田有樹子さんと従妹の加藤恵子さんは「子どものために活用したいという意見が多く聞かれた。ぜひ今後の参考にしてみたい」と話していた。

家屋内で行われた「古民家使いたい人集まれ会議」
家屋内で行われた「古民家使いたい人集まれ会議」

鎌倉版のローカルニュース最新6

落語で防犯呼びかけ

落語で防犯呼びかけ 社会

大船警察署員が自作口演

12月3日号

12人と2団体を納税表彰

鎌倉税務署

12人と2団体を納税表彰 社会

作文・標語も受賞者決まる

12月3日号

オンラインで共生サミット

オンラインで共生サミット 社会

鎌倉の取り組みなど共有

12月3日号

作曲家が語るバッハ

作曲家が語るバッハ 文化

6日応募締め切り

12月3日号

破魔矢作りが佳境

破魔矢作りが佳境 文化

鶴岡八幡宮

12月3日号

大河仕様のタクシー登場

大河仕様のタクシー登場 経済

KGグループが45台用意

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook