鎌倉版 掲載号:2018年5月11日号 エリアトップへ

バラまつりで200種堪能 鎌倉文学館で6月10日まで

文化

掲載号:2018年5月11日号

  • LINE
  • hatena
鎌倉文学館の敷地に広がるバラ園
鎌倉文学館の敷地に広がるバラ園

 恒例の「バラまつり」が5月11日(金)から6月10日(日)まで、鎌倉文学館で開催される。バラの販売や演奏会なども予定されており、同館は「今年も多くの人に来場してほしい」と呼び掛けている。

 「鎌倉3大洋館」の一つに数えられる同館。敷地内にあるバラ園には、見ごろを迎えるこの時季、毎年たくさんの人が足を運び、色とりどりの花を楽しんでいる。

 同館によると、園内では200種、245株のバラを鑑賞できる。「中には『静の舞』『実朝』『かまくら小町』など、鎌倉にゆかりの深い名を持つ品種も植えられているのが見どころ」という。

 期間中の毎週水、金曜午前10時30分からは、同園管理人がバラの育て方などを解説。また、初日から限定100株で、バラの苗木販売も行われる(1株1100円)。

 このほか、市内で開発された新品種の名前も公募する。クリームピンク色の大輪の花を咲かせるのが特徴で、期間中、館内の専用用紙に案を記入して応募。最終選考に残った人の中から抽選で10人に、バラ「春の雪」の苗木が贈られる。決定した名称は7月上旬までに同館ウェブサイトで発表する。

音楽鑑賞も

 また、同館前庭ではさまざまな音楽イベントも開催。20日(日)午後2時からの「ヴァイオリン&ピアノのコンサート」では、クライスラーの「愛の喜び」などが披露される。6月2日(土)午後2時からは「ローズガーデンコンサート」を開き、「トランペット・ヴォランタリー」などを楽しめる。いずれも雨天時は同館1階講座室で行われる。

 開館時間は午前9時から午後5時(入館は4時30分)まで。期間中無休。入館料は一般400円、小中学生200円。

 問い合わせは、同館【電話】0467・23・3911へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

駅でスマホ充電器シェア

江ノ島電鉄

駅でスマホ充電器シェア 文化

災害時には無償貸与も

11月27日号

1週間で17人判明

新型コロナ市内感染者

1週間で17人判明 社会

保育施設でクラスターも

11月27日号

市内感染者152人に

新型コロナウイルス

市内感染者152人に 社会

「第2波」並みの増加ペース

11月20日号

流鏑馬専用馬場が完成

大日本弓馬会

流鏑馬専用馬場が完成 文化

深沢事業用地を暫定利用

11月20日号

「宝飾の美術館」建設へ

野村総合研究所跡地

「宝飾の美術館」建設へ 社会

連携する事業者が決定

11月13日号

「過密避けて初詣を」

鶴岡八幡宮

「過密避けて初詣を」 社会

御札等は郵送でも対応

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク