鎌倉版 掲載号:2018年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

「卓上の鎌倉探訪楽しんで」 ボードゲームを商品化

社会

イラストも川村さんがデザイン
イラストも川村さんがデザイン
 市内企業が開発した、鎌倉が舞台のボードゲームがこのほど商品化された。プレイを通じて鎌倉の名所や地理を知ることもできるもので、製作者は「鎌倉の魅力を広く発信する機会になれば」としている。

 ボードゲーム「カマクラ コレクション」は2〜4人でプレイ。鶴岡八幡宮や由比ガ浜などさまざまな市内の名所(全18マス)を盤上で巡りながら、「観光コイン」と「食べ物コイン」という2種類を集めて回る。コインには1〜5までの点数が表示されており、集めた得点で勝敗を決める。

 ボーナス点を獲得できるようコースを選択したり、相手の進路を妨害したりするなど、高い戦略性が求められる。日本語表記を少なくし、イラストを多用するなど、外国人も楽しめるよう工夫もなされている。

 開発したのは、ゲームデザインや企業のウェブサイトなどを製作する(株)DEBAYASHI(笹目町)。映像デザイナーとして、これまでテレビCMや、大手自動車メーカーの新車披露会で流すPR動画づくりなどを手掛けてきた川村有(ひろし)さん=人物風土記で紹介=が2016年に設立した。

 川村さんは企業の新商品開発を支援する2017年度の「鎌倉市商工業元気アップ事業」に応募した所、構成のユニークさや、これまでに3種類のボードゲームを商品化してきた実績などが高く評価され、認定を受けた。その後約1年掛かりで製作を進め、5月5日に販売を開始した。

 現在「松林堂書店」「おもちゃのちょっぺ〜」(いずれも小町)やネット上などで販売(オープン価格・税別4600円)。「外国の人からも購入希望の連絡が来る。楽しみながら鎌倉の知識を深めてくれると嬉しい」と話す。問い合わせは、(株)DEBAYASHI【URL】http://www.debayashi.jpへ。

鎌倉版のトップニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「似顔絵で癒しの時間を」

「似顔絵で癒しの時間を」

湘南鎌倉総合病院で作品展

6月9日~7月6日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク