鎌倉版 掲載号:2018年12月7日号 エリアトップへ

市内印章店 中世漆器の文様再現 歴史文化交流館に印判寄贈

文化

掲載号:2018年12月7日号

  • LINE
  • hatena
印判を使って押印体験する保育園児
印判を使って押印体験する保育園児

 市内御成町の印章専門店「鎌倉はんこ」(月野允裕代表)がこのほど、中世の漆器に施された和文様を再現した印判(スタンプ)を鎌倉歴史文化交流館に寄贈した。

 同館では12月15日(土)まで、企画展「出土漆器の美」が開催されている。館内には鎌倉で出土した漆器類が多く展示されているが、そこには梅や菊などを象った印判で模様付けされているものも多いという。

 これは鎌倉に多くの漆器工房があり、大量生産が行われていたことを示しているという。

 そこで同館では会場に「押印体験」コーナーを設置。黒い円形の紙に赤いインクで模様をつける体験ができるようになっている。ただ当初使用していたのは消しゴムの印判だったため、これを知った月野代表が当時の文様を忠実にトレースし、柘植やケヤキを使用した印判を制作した。

 11月24日は印判の寄贈式も行われ、会場を訪れていた鎌倉おなり保育園の園児らが、押印を体験した。

 同館の青木豊館長は「こうした申し出は本当にありがたい」と感謝を述べ、月野代表は「鎌倉で印章店を営む者として、鎌倉と印章のつながりを示す歴史を多くの人に伝える機会になればうれしい」と話していた。

鎌倉版のローカルニュース最新6

3カ月半の休止越え待望の定演

鎌倉交響楽団

3カ月半の休止越え待望の定演 文化

10月31日、芸術館大ホールで

10月23日号

目標はマスク寄付

目標はマスク寄付 社会

みらいふる鎌倉が講習会

10月23日号

新ピンクリボン号出発

健康チェックしませんか?

写真に感謝の供養祭

写真に感謝の供養祭 文化

11月14日、浄智寺で

10月23日号

早稲田氏が国政報告会

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク