鎌倉版 掲載号:2019年3月15日号 エリアトップへ

鎌倉市 課題解決へICT活用 ソフトバンクと協定締結

社会

掲載号:2019年3月15日号

  • LINE
  • hatena
松尾市長(右)と永田執行役員
松尾市長(右)と永田執行役員

 鎌倉市とソフトバンクは3月4日、ICT(情報通信技術)を活用した交通手段や働き方などの課題解決に関する包括協定を締結した。自家用車以外の交通移動サービス提供や、自宅や出先など職場以外の場所や時間にとらわれない働き方「テレワーク」の導入など、6つの取り組みを推進する。

 具体的な内容として交通に関しては、市内の交通状況データを収集・分析し、交通の便が悪いエリアを対象にサービス向上を図っていく。テレワークでは、同社がシェアオフィスの活用支援を検討。教育振興では、人型ロボット「Pepper」を使用した小中学生向けのプログラミング教育も視野に入れているという。

 市では課長級以上の職員を対象に、今月末からテレワークを導入するが、以前から進められてきた取り組みで、今回の協定締結と直接は関係ないという。

 「教育や働き方などが多様化する中、官民連携は必要不可欠。最先端技術を使い、地域ニーズを把握し、活性化につなげていければ」と松尾市長。協定書にサインした同社の永田稔雄執行役員は「次世代ICTの基盤を築き、市が目指すまちづくりを支援していきたい」と話した。

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク