鎌倉版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

市立第一小 プラごみ、アートで表現 海洋汚染の現状学ぶ

教育

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena
完成作品を前にシャボン玉を飛ばす児童
完成作品を前にシャボン玉を飛ばす児童

 プラスチックごみによる海洋汚染の現状をアートで表現する授業が3月18日、鎌倉市立第一小学校で行われた。

 同校近くの由比ヶ浜海岸に昨夏、シロナガスクジラの死骸が漂着し、その胃の中からビニール片が見つかるなど、海に蓄積されているプラスチックは生態系に悪影響を及ぼす恐れがある。企画の中心人物である材木座在住のアーティスト・中村未来さんは、子どもにプラごみの再利用について考え直してもらおうと今回、同校協力のもと、4年生の総合的な学習の一環として授業を実施した。

 今月初旬に4年児童約120人は、由比ヶ浜海岸に打ち上げられたストローやライター、ラムネの蓋などのごみを回収。中村さんが制作したリトグラフ版画の上に、拾ったプラごみをはさみで好きな形に切り、ボンドなどを使って装飾し、立体的な作品を作り上げた=右写真。最後は完成した作品を教室の天井に吊るし、シャボン玉を飛ばして空間芸術を楽しんだ。

 プラごみを虹に見立てて作品を作ったという女子児童は「ただのごみがこんなにきれいになるなんて不思議」と笑顔を見せた。中村さんは「個性ある作品が並び感慨深い。子どもたちが環境問題について考えるきっかけになれば」と話した。

鎌倉版のローカルニュース最新6

初期の作品や資料紹介

特別展

初期の作品や資料紹介 文化

鏑木清方美術館で開催中

4月16日号

あす腰越で食料等配布

あす腰越で食料等配布 社会

就労・生活相談も

4月16日号

個性溢れる鎌倉彫

個性溢れる鎌倉彫 文化

刀華会が70周年記念展

4月16日号

7日間で10人増

新型コロナ鎌倉市内陽性者

7日間で10人増 社会

4月16日号

鎖大師の「ご開帳」も

鎖大師の「ご開帳」も 文化

青蓮寺で正御影供

4月16日号

ビーチフェスタとカーニバル中止

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter