鎌倉版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

「令和」につないだ万葉の心 学僧・仙覚の功績に注目も

文化

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
万葉の草花を描き続けてきた阿見みどりさん(左)、妙本寺境内の「万葉研究碑」
万葉の草花を描き続けてきた阿見みどりさん(左)、妙本寺境内の「万葉研究碑」

 今日から始まる「令和」時代。年号の出典が、初めて日本の古典である「万葉集」から採用されたことが大きな話題となった。国内最古の歌集として知られる「万葉集」だが、鎌倉時代、妙本寺(大町)に拠点を置いた一人の学僧の研究が、現在にまでつながる大きな役割を果たしていることはあまり知られていない。

万葉集研究の礎築く

 万葉集が編纂されたのは今から1200年ほど前。漢字の音を日本語にあてた「万葉仮名」で書かれているため、後の時代の人々は訓点(訓読するための返り点や送り仮名)をつけなければ、読むことができなかった。

 約4500首のうち、鎌倉時代になっても訓点のなかった152首につけたのが、現在の妙本寺を拠点に活動した仙覚という学僧だった。

 その生涯について詳しいことは分かっていないが、1203年に生まれ、難産のために亡くなった鎌倉幕府4代将軍の藤原頼経の正室・竹御所を弔うために建てられた新釈迦堂(妙本寺の前身)に32歳から33歳頃、招かれたとみられている。

 「13歳で万葉集研究を志した」と書き残している仙覚は、頼経の命を受けて校訂作業に入り、46年に訓点をつけ終えた万葉集を献上。こうした成果は、現在の研究や出版物のベースともなっている「西本願寺本写本」として伝わっている。

 ただこうした功績を知る人は鎌倉でも少なく、今は妙本寺の境内に「万葉研究碑」がひっそりとたたずむだけ。改元を機に功績に光を当てようという動きも生まれている。

 歴史家・小説家の織田百合子さんは「彼がいなければ、現在のように万葉集が残っていたか分からない。令和時代には仙覚の功績により光が当たり、鎌倉が万葉研究の拠点になれば」と期待を寄せ、市文化人権課では「積極的に情報発信をしていきたい」としている。

万葉の草花描き続けて

 こうした鎌倉と万葉集とのつながりに特別な思いを抱いているのが、市内在住の画家・童話作家の阿見みどり(82・本名:柴崎俊子)さんだ。

 阿見さんにとって万葉集は幼い頃から身近なものだった。父・山口正は国語学者で万葉研究者。「父は折に触れ『万葉集にはこんな歌があるんだよ』と教えてくれました」と振り返る。

 阿見さん自身も20年ほど前から、万葉集に詠まれた草花をモチーフに水彩スケッチを描き始めた。作品は毎年カレンダーや水彩画集として発売され人気を博してきた。

 そんな阿見さんが鎌倉に住まいを移したのは30年ほど前。2009年には、自ら設立した出版社「銀の鈴社」も、都内から鎌倉に移した。

 10年ほど前、妙本寺における仙覚の万葉研究を知り「鎌倉に来たことは決して偶然ではなかったのだと思う。父から受け継いできた万葉への思いが、つながった気がしました」と話す。

 これまで草花を主なモチーフとしてきたが、今後は万葉集に詠まれた情景を絵巻物として発表する。11月1日(金)から5日(火)まで、妙本寺で展示する予定で、4年をかけて完成を目指す。

 阿見さんは「万葉の人々が詠んだ日々の暮らしのなかの喜びや悲しみは、千年を経た我々にも共鳴できるもの。その魅力をこれからも伝えていけたら」と話している。

令和が引用された『時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の紛を披き、蘭は珮後の香を薫ず』をイメージして阿見さんが描いた白梅と春蘭
令和が引用された『時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の紛を披き、蘭は珮後の香を薫ず』をイメージして阿見さんが描いた白梅と春蘭

暑中お見舞い申し上げます

鎌倉ライオンズクラブ

献血や盲導犬育成のための募金活動、少年野球大会主催など、地域で奉仕しています

KGグループ配車センター

鎌倉でのタクシーのご用命は

https://www.gurin.co.jp/

公益社団法人 日本総合書芸院

誰もが楽しめる「書道」の普及を目指しています

http://www.syogeiin.org/

鎌倉プリンスホテル

七里ヶ浜から江ノ島、富士山を望む

https://www.princehotels.co.jp/kamakura/

かるた永世クイーン 渡邊 令恵

かるたはじめてみませんか 鎌倉山かるた会師範

http://www.karuta.or.jp/

株式会社蕗書房

がん患者様とご家族に希望の光を与える情報誌 ライフライン21 がんの先進医療

http://www.fuki-shobou.com/

清泉女学院中学高等学校

9月21日・23日文化祭開催!受験生とその保護者はチケットなしで入場可!

http://www.seisen-h.ed.jp/

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6

災害現場の情報提供へ

県タクシー協会鎌倉支部

災害現場の情報提供へ 社会

市内2署と協定締結

10月11日号

絵本作家19人が活動紹介

絵本作家19人が活動紹介 文化

イラスト・エッセイ入り冊子発行

10月11日号

通行止め受け臨時運行

神奈中バス

通行止め受け臨時運行 社会

栄光学園前―打越間で

10月4日号

6年ぶり東日本大会へ

腰越中吹奏楽部

6年ぶり東日本大会へ 文化

県勢唯一の出場決める

10月4日号

消火器設置を呼びかけ

鎌倉市消防本部

消火器設置を呼びかけ 社会

義務化控え対象店を巡回

9月27日号

ビール祭で被災地支援

商工会議所青年部

ビール祭で被災地支援 社会

来週末、市役所駐車場で

9月27日号

車両通行「10月中旬に」

玉縄地区「栄光坂」

車両通行「10月中旬に」 社会

バスは経路を変更

9月20日号

暑中お見舞い申し上げます

3年に1度の音楽の祭典

いざ、才能豊かなクラシック演奏家のコンサートへ

https://yokooto.jp/

社会保険労務士会藤沢支部

人事労務管理のコンサルティング、年金相談、労働社会保険事務手続きの代行等

http://sr-fujisawa.jp/

JAさがみ

JAさがみは都市農業を守り、皆さまの営農と暮らしに貢献します

http://ja-sagami.or.jp/

公益社団法人 鎌倉青年会議所

過去から学び、自ら考え、新たなまちを描こう

http://www.kamakura-jc.or.jp

鎌倉商工会議所

企業を育て地域を伸ばす

https://www.kamakura-cci.or.jp

鎌倉商工会議所 青年部

会員募集中 最新情報はこちらで

https://bit.ly/2RcxkXl

鎌倉酒販協同組合

「鎌倉梅ワイン」「かまくら梅酒」などネット販売中

http://kamakura-syuhan.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ピアノ・歌曲の演奏会

ピアノ・歌曲の演奏会

10月31日 藤沢市民会館

10月31日~10月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク