鎌倉版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

長谷在住加藤茂雄さん 93歳で初主演映画が完成 6月1日、光明寺で上映会

文化

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena
映画のワンシーン。老漁師を演じた加藤さん(左)と新人女優の宮崎勇希さん
映画のワンシーン。老漁師を演じた加藤さん(左)と新人女優の宮崎勇希さん

 漁師との「二足のわらじ」を履きながら、「大部屋俳優」として数々の名作に出演してきた加藤茂雄さん(長谷在住・93)の初主演映画『浜の記憶』が、このほど完成した。6月1日(土)には材木座にある光明寺で上映会が開かれる。加藤さんは「若者からお年寄りまでたくさんの人が、この作品を観て元気になってもらえれば」と話している。

「脇役」として活躍

 1925年、江戸時代から続く市内の網元「長四郎網」の分家に生まれた加藤さん。20歳で旧陸軍に召集されるが、その15日後に終戦を迎えた。

 転機は翌年、光明寺に開校した「鎌倉アカデミア」に入学したことだった。演劇科の一期生として学び、「自由な気風や演じることの奥深さに魅了された」という。

 在学中の48年に「春の目ざめ」で初舞台を踏み、卒業後は映画会社東宝に入社。大部屋俳優として、黒澤明監督の「七人の侍」では村人、本多猪四郎監督の「ゴジラ」では逃げ惑う人など、様々な役柄を演じた。すし屋の店主のオファーがきた時は、実際に店に行って技術を学び、豆腐店でおからを買って握りの練習もしたという。「人一倍、人間観察に努めた。偽物を本物に見せないといけないからね」。主役ではないが作品に厚みを持たせる役割にやりがいを感じた。

 その後、テレビや舞台、声優など、幅広い分野で活躍。「今まで元気でいられたのは、与えられた役に没頭できたから」と振り返る。また本家の網元に後継者がいなかったこともあり、役者をしながら漁にも出続けた。

 2017年に公開されたドキュメンタリー映画「鎌倉アカデミア 青の時代」で、加藤さんと知り合った大嶋拓監督から「俳優生活70周年を記念して主演映画を作りたい」と持ちかけられたのは2年前。「この歳で主演の話がくるなんて夢にも思わなかった」と語る。

実生活と重なる漁師役

 今回、加藤さんが演じたのは、長谷の海岸付近で一人暮らしをする老漁師・繁田。実生活とも重なる役どころだ。

 繁田はある日、亡き祖父が漁師だったというカメラマンの少女・由希と出会う。やがて2人は、互いの空白を埋めるかのように市内の海岸や古寺を巡り、次第に親しさを増していくストーリー。

 撮影期間は、昨年9月から約1カ月間。加藤さんは「台本覚えるのは大変だった。記憶するだけでなく、声の出し方や感情の入れ方にもこだわったからね」と振り返り、「スタッフがカメラ横で台本のカンペを出してくれたり、こんな私をサポートしてくれて大変ありがたかった」と話す。

 上映会場は光明寺の開山堂。「浜の記憶」は午後1時から上映。3時から「鎌倉アカデミア 青の時代」も同時上映。当日は、加藤さんのトークイベントもあり。

 入場料1000円。前売り券は長谷駅近くのコーヒー店「idоbata」で取り扱っているが、当日会場でも販売。(問)鎌倉アカデミアを伝える会の小泉さん【電話】090・3007・9025

「見る人に元気を」と加藤さん
「見る人に元気を」と加藤さん

鎌倉版のトップニュース最新6

飲食店支援企画に1303万円

飲食店支援企画に1303万円 経済

目標金額の4倍以上

5月22日号

オンラインHR(ホームルーム)実施へ

鎌倉市教育委員会

オンラインHR(ホームルーム)実施へ 教育

休校中の生活改善目指す

5月22日号

10万円給付、申請開始

鎌倉市

10万円給付、申請開始 社会

5月中旬から順次振込

5月15日号

「鎌倉検定」初の中止

「鎌倉検定」初の中止 文化

コロナ拡大で準備できず

5月15日号

「スマホのルール考えて」

市P連

「スマホのルール考えて」 教育

小中学校に冊子配布

5月8日号

西口広場の再整備完了

鎌倉駅

西口広場の再整備完了 社会

待ち合わせスペース拡大

5月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手紙書く時間を楽しんで

【Web限定記事】

手紙書く時間を楽しんで

「おうちで紙で伝える展」

5月1日~5月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク